So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【西条昇のエンタメ日記】ブラジリアンペアダンスのパーティーへ

今夜は、ブラジリアンペアダンスのズークベレーザ15周年パーティーへ。
レギュラーメンバーたちのパフォーマンスショーを見て盛り上がりました。
終わって、二次会にも参加し、今、帰りです。
2017-11-19T22:31:20.jpg2017-11-19T22:31:20.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史研究】昭和50年の国際プロレス「ダイナマイト・シリーズ」パンフの女子部のページ

手元にある、昭和50年の国際プロレス「ダイナマイト・シリーズ」パンフの女子部のページ。
来日女子選手はジョイス・グレーブルとヴィッキー・ウイリアムスの金髪美女コンビで、迎え撃つのが小畑千代、佐倉輝美、千草京子というお馴染み女子部の面々である。
2017-11-19T16:03:13.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の神楽坂食べ歩き】神楽坂のつじ半で海鮮丼を

神楽坂のつじ半で、海鮮丼を。
後半に、鯛だしに入れ、ご飯も追加投入。
ここ、旨いねえ!
2017-11-19T11:56:58.jpg2017-11-19T11:56:58.jpg2017-11-19T11:56:58.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史研究】昭和49年の国際プロレスのパンフの女子部のページ

手元にある、昭和49年9月の国際プロレス「スーパー・ワイド・シリーズ(IWA世界選手権シリーズ)」パンフの女子部のページ。
このシリーズから国際プロレスに女子部が創設され、二年前に崩壊した日本女子プロレスから小畑千代、佐倉輝美、千草京子が参加。
外人勢は、女子プロレスの〝女王〟で小畑のライバルだったファビュラス・ムーラ(ここでの表記はフェブラス・ムーラ)をはじめ、サンデー・パーカー、ポーラ・ケイという顔ぶれ。
子どもの頃、東京12チャンネルで中継される日本女子プロレスや国際プロレス女子部での小畑とムーラの対戦を良く見ていたのを思いだした。
2017-11-19T10:16:32.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史研究】昭和30年の東京宝塚劇場での雪組公演のパンフ

手元にある、昭和30年7月28日からの東京宝塚劇場での宝塚歌劇雪組公演のパンフ。
表紙の劇場名の下に旧アーニー・パイル劇場とあるように、戦後はGHQに接収されていたが、この半年ほど前に東宝に返還されていた。
にしても、宝塚時代の八千草薫さん可愛いな。
2017-11-18T20:11:13.jpg2017-11-18T20:11:13.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草食べ歩き】花やしき通りの串カツ りょう [浅草六区]

昨夜は鷲神社の二の酉へ向かう前に、花やしき通りの串カツ りょうで、ドライカレー串カツ、半熟うずら串カツなどの創作串カツと煮込み、鶏ぞうすいなどを。
僕的には紅しょうがの串カツが一番の好みだな。
2017-11-18T17:11:10.jpg2017-11-18T17:11:10.jpg2017-11-18T17:11:10.jpg2017-11-18T17:11:10.jpg2017-11-18T17:11:10.jpg2017-11-18T17:11:10.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

【西条昇の浅草エンタメ日記】鷲神社の二の酉へ

昨夜は、鷲神社の二の酉へ。
23時半くらいから列にならんで、0時の太鼓が打ち鳴らされるのと同時に境内に入って参拝を。
賑やかだったな。
2017-11-18T15:10:53.jpg2017-11-18T15:10:53.jpg2017-11-18T15:10:53.jpg2017-11-18T15:10:53.jpg2017-11-18T15:10:53.jpg2017-11-18T15:10:53.jpg2017-11-18T15:10:53.jpg2017-11-18T15:10:53.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の少女歌劇コレクション】昭和初期の鶴見園女優歌劇のプログラム

手元にある、昭和初期の〝九州版宝塚〟鶴見園女優歌劇のプログラム。
バラエティー「ダンセ・ツルミ」の幕間の寸劇は〝スケッチ〟と記されている。
2017-11-17T17:09:44.jpg2017-11-17T17:09:44.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草歌舞伎コレクション】1861年の猿若町・中村座の筋書

手元にある、猿若町・中村座の筋書。
一つは万延2年2月28日からのもの、もう一つは文久元年4月22日からのものだ。
万延2年も文久元年も西暦では同じ1861年であり、万延2年は2月18日までで翌19日から文久元年に年号が変わっているから、2月28日からのものは18日以前に書かれたのだろう。
2017-11-17T12:28:14.jpg2017-11-17T12:28:14.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のバーレスク・コレクション】長井演芸館での「東京マンボ大会」のチラシ

手元にある、長井演芸館での「東京マンボ大会」のチラシ。
内容は全くラテン音楽のマンボとは関係がなくても、単なる語呂だけでストリップのタイトルにマンボという言葉が使われることが多かった(最高傑作は昭和20年代後半の浅草ロック座の「マンボとグァテマラ」だろう)。
〈銀座の裏は日本一の「うふん」の本場です どんな「うふん」か? 見逃すなかれ!〉という何だか良く分からない惹句。
演目は、第一部 新舞踊 十景、第二部 (剣劇ショウ)森の中の又其の穴の物語り、第三部 ストリップオンパレード 十五景、第四部 湯の街温泉風景 二景、特別出演 ヘビ踊り 一景という盛りだくさんな内容になっている。
2017-11-17T09:12:05.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -