So-net無料ブログ作成

【西条昇の芝居小屋研究】三崎三座の東京座跡

大学の帰りに水道橋で途中下車して、三崎座・東京座・川上座の三崎三座跡や講武所跡をブラブラと。
東京座(明治三十三年三月開場)は定員二千名の大劇場で、こけら落としには九世 団十郎が出演した。
また、川上音二郎が劇場主となって開場させた川上座(明治二十九年六月開場)の跡は、数年前からのビルの建て直しにより、以前あった説明板がなくなっていた。千代田区教育委員会にぜひ何とかして頂きたいものだ。
2017-04-20T19:56:04.jpg2017-04-20T19:56:04.jpg2017-04-20T19:56:04.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0