So-net無料ブログ作成
検索選択

【西条昇のレヴュー・コレクション】昭和14年の帝国劇場での松竹楽劇団の公演パンフ

手元にある、昭和14年3月の帝国劇場での松竹楽劇団「桜をどり スプリング・ゴーズ・ラウンド」の公演パンフ。
松竹楽劇団は、東宝の日劇ダンシングチームに対抗して、当時、松竹傘下にあった帝国劇場の専属として実演のショーを上演していた男女混成レヴュー団である。
大阪松竹少女歌劇から笠置シヅ子(前名は三笠静子)が参加し、ここで作編曲を担当していた服部良一と出会ったことで、スイング調の「ラッパと娘」「センチメンタル・ダイナ」など、戦前の服部・笠置コンビの名曲が生み出された。
戦後間もなく大ブームとなった服部・笠置コンビの一連のブキウギ曲は、松竹楽劇団時代の二人の作品が原点になっているのだ。
2017-08-04T22:23:56.jpg2017-08-04T22:23:56.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。