So-net無料ブログ作成
検索選択

【西条昇の60年代カバー・ポップス論】森山加代子「悲しきインディアン」 [アイドル]

森山加代子の「悲しきインディアン」。
1960年8月発売の〝加代ちゃん〟の2枚めのシングル「メロンの気持ち」のB面に収録。
原曲はJohnny Prestonの「Running Bear」で、編曲は宮川泰、訳詞は加代ちゃん自身とか。
敵対するインディアン(ネイティブ・アメリカン)の部族の男女が川を挟んで恋をするという〝ロミジュリ〟的設定を加代ちゃんが上手く日本語の詞にしてメロディーに乗せることに成功している。
もちろん、キュートな〝甘えた唱法〟も最高。
僕が最も多く鼻唄で歌う一曲で、本物の森山加代子さんのバックで♪ウンパッパ、ウンパッパ!♪と合いの手(?)を入れるのが小さい頃からの僕の夢である。
実現しないかなあ…!
https://youtu.be/A8i-s2TziEk
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。