So-net無料ブログ作成

【西条昇の時代劇映画研究】昭和36年の大映「水戸黄門海を渡る」 [映画]

昭和36年7月公開の大映作品「水戸黄門海を渡る」のポスター。
水戸黄門が長谷川一夫、助さんが市川雷蔵、格さんが勝新太郎というキャスティングは、史上最も豪華な黄門トリオではないか。
一行が蝦夷地に渡る話で、長谷川一夫はアイヌ人の母と日本人の父を持つシャグシャインを黄門との二役で演じる。シャグシャインの妹ノサップは野添ひとみだ。
2018-01-14T14:33:20.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。