So-net無料ブログ作成

【西条昇の浅草 十二階・凌雲閣研究】明治24年に凌雲閣で開催された〈元祖AKB総選挙〉の一位は?

明治24年(1891)7月に浅草 凌雲閣で開催された〈日本初のミス・コンテスト〉〈元祖AKB総選挙〉の「東京百美人」では、小川一眞が撮影した東京の有名芸妓百人の写真が展示され、人気投票が行われた。
見事2,162票を集めて一等となったのが、17歳の新橋の芸妓の玉川屋玉菊であった。さすが、可愛いね。
百人の写真は、凌雲閣と書かれた団扇を手に、横には凌雲閣と書かれた扇子が飾られ、同じセットとほぼ同じポーズで撮影された。
2018-02-14T21:53:42.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。