So-net無料ブログ作成

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和8年の常盤座での「笑の王国」第2回公演のプログラム [軽演劇]

手元にある、昭和8年(1933)4月の浅草・常盤座での「笑の王国」第2回公演のプログラム。
表紙には、ミッキー&ミニーやべティちゃんのイラストが。
〈春を呼ぶ朗らかな新喜劇団〉〈映画スター実演オンパレード〉〈カーニバル座 浅草進出!!〉。
古川緑波(ロッパ)、徳川夢声、大辻司郎、山野一郎ら「ナヤマシ会」~「カーニバル座」の人たちに、渡邊篤、横尾泥海男、関時男らの松竹蒲田の喜劇スターを中心とした「喜劇爆笑隊」が合流し、更に林葉三や中根龍太郎ら浅草のレヴュー役者、三益愛子や清川虹子らの女優陣が加わって結成されたのが、この「笑の王国」である。
第2回公演の五本立ての演目のうち、横尾泥海男や渡邊篤が主演の喜劇、古川緑波の作・演出・主演によるオペレッタなどがあり、五本めは主要メンバー総出演によるアチャラカ劇「われらが忠臣蔵」が上演された。
この「われらが忠臣蔵」が評判を呼び、以降、「われらが◯◯」というタイトルのアチャラカ物が一座の名物となる。
この強烈キャラ揃いの中で、結果的に緑波が笑いの中心的な役割を果たし、2年後には東宝に引き抜かれて「東宝 古川緑波一座」を結成。喜劇界においてエノケンと並ぶ存在として活躍した。
2018-06-13T22:54:08.jpg2018-06-13T22:54:08.jpg2018-06-13T22:54:08.jpg


上野・浅草・日暮里ランキング
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。