So-net無料ブログ作成

【西条昇の神保町食べ歩き】神保町のさぶちゃんらーめん

大学の帰りに水道橋で途中下車して三崎三座跡や講武所跡をブラブラしてから、神保町の昭和42年創業のさぶちゃんらーめんで、元祖・半ちゃんらーめんを。
ここのご主人もだいぶお年を召された印象だが、まだまだお元気で頑張って頂きたいな。
2017-04-20T21:58:30.jpg2017-04-20T21:58:30.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の江戸文化研究】講武所跡

大学の帰りに水道橋で途中下車して三崎三座跡や講武所跡をブラブラと。
講武所は、幕末に、旗本・御家人およびその子弟が対象の武芸調練機関として発足。
1860年(万延元年)に築地の鉄砲洲から現在の三崎町に移転。ここでの開場式には大老井伊直弼も臨席したとか。
ここで、直心影流の男谷精一郎や榊原鍵吉、心形刀流の伊庭軍兵衛、鏡新明智流の桃井春蔵、自得院流(忍心流)の槍の高橋泥舟らが教えていたと思うと夢が膨らむなあ。
2017-04-20T20:36:04.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の芝居小屋研究】三崎三座の東京座跡

大学の帰りに水道橋で途中下車して、三崎座・東京座・川上座の三崎三座跡や講武所跡をブラブラと。
東京座(明治三十三年三月開場)は定員二千名の大劇場で、こけら落としには九世 団十郎が出演した。
また、川上音二郎が劇場主となって開場させた川上座(明治二十九年六月開場)の跡は、数年前からのビルの建て直しにより、以前あった説明板がなくなっていた。千代田区教育委員会にぜひ何とかして頂きたいものだ。
2017-04-20T19:56:04.jpg2017-04-20T19:56:04.jpg2017-04-20T19:56:04.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の芝居小屋研究】三崎三座の三崎座跡

大学の帰りに水道橋で途中下車して、三崎座・東京座・川上座の三崎三座跡や講武所跡をブラブラと。
現在の日本大学法学部3号館の場所にあった三崎座(明治二十四年六月開場、大正4年に神田劇場と改称)は、市川粂八(九女八)、中村歌扇らの女芝居の小屋として人気を博した。
建物の前に柵が出来ていたが、改築などの場合でも説明板は残してもらいたいものだ。
2017-04-20T19:25:10.jpg2017-04-20T19:25:10.jpg2017-04-20T19:25:10.jpg2017-04-20T19:25:10.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のお笑い論】2回めはビートたけし論を

昨日のマスコミ学科の水曜2限「お笑い論」ではビートたけし論を。
浅草フランス座の幕間コントから渥美清、コント55号、ビートたけしが輩出されたのは何故か。浅草六区が芸能の街になった理由。師匠・深見千三郎とたけしの芸風の共通点。立川談志・毒蝮三太夫からの影響。漫才ブームでツービートの毒ガス漫才が果たした役割。タモリとたけしのオールナイトニッポンの比較。欽ちゃんとドリフの天下をひっくり返すための戦略。「元気が出るテレビ」「お笑いウルトラクイズ」の中のたけし流の笑い。北野作品の中のたけしらしさ…などなど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】1年前の毎日新聞に

1年前は、毎日新聞夕刊の特集ワイドの「笑点」放送開始50年と人気の理由についての記事に、コメントが掲載されました。
2017-04-20T09:32:46.jpg2017-04-20T09:32:46.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog