So-net無料ブログ作成
検索選択

【西条昇の浅草エンタメ日記】どぜう飯田屋での吉村平吉さんを偲ぶ会へ

今日は、ハラ薬局の原さんにお誘い頂き、浅草のどぜう飯田屋での吉村平吉さんを偲ぶ会に参加させて頂きました。
吉村さんはエノケン劇団文芸部から戦後は空気座、吉原のポン引き、風俗ライターを経て、「吉原酔狂ぐらし」「浅草のみだおれ」などの著書を持つ方で、僕は中学生時代に吉村さんが木馬亭で主催されていた「吹きよせの会」の軽演劇関連の日に通っていたのだ。
飯田屋では、どぜう食べまくり。
二次会、三次会も楽しかったな。
2017-08-13T22:44:09.jpg2017-08-13T22:44:09.jpg2017-08-13T22:44:09.jpg2017-08-13T22:44:09.jpg2017-08-13T22:44:09.jpg2017-08-13T22:44:09.jpg2017-08-13T22:44:09.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のエンタメ日記】インド人演歌歌手チャダの思い出

インド人演歌歌手チャダ。
「金曜10時! うわさのチャンネル」で周囲からイジラれているうちに、演歌「面影の女」でレコードデビューすると10万枚以上のヒットに。
作詞・山口洋子、作曲・猪俣公章という豪華な布陣だった。
B面は、かもめのジョナサンならぬ「やもめのジョナサン」。
小学生の頃、インド人と聞いて思い浮かぶのは、チャダ、タイガー・ジェット・シン、ガンディーの三人だった。
2008年の再デビュー曲「踊るマハチャダ」という題名もバカバカしくて良いね。
2017-08-13T16:24:04.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog