So-net無料ブログ作成

【西条昇の70年代アイドル史研究】沢田研二と山口百恵のフジカラーのカレンダー [アイドル]

1976年のジュリーこと沢田研二と山口百恵の豪華な顔合わせによるフジカラー PATAPATAカレンダー。
百恵ちゃんは、何故か宝塚の男役風。
2018-06-10T23:41:26.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のストリップ史研究】再び川上譲治さんの写真展へ [ストリップ]

今日は夕方から、先週に引き続き、新宿ゴールデン街のtomorrowでの1976-1985 あんぐら すとりっぷ【川上譲治 写真展】へ。
今日が最終日です。
川上さんのご著書「すとりっぷ小屋に愛をこめて」には1986年までのことが書かれているが、それ以降のお話を二時間にわたって伺ってきました。
帰りにゴールデン街の仙葉由季さんのお店に軽寄りを。
2018-06-10T23:41:15.jpg2018-06-10T23:41:15.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のなでしこ応援日記】なでしこジャパンがニュージーランドの3-1で勝利 [なでしこ]

4月の女子アジアカップで優勝したなでしこジャパンがアウェイで行われたフレンドリーマッチのニュージーランド戦に田中美南選手のハットトリックにより3-1で勝利。
しかし、日本でのテレビ中継は無し。
一時期のように再び地上波で中継され続けるようになるには、フレンドリーマッチと言えども勝ち続ける必要があるのだ。
https://i.stuff.co.nz/sport/football/nz-teams/104593858/dour-football-ferns-beaten-by-japan-in-front-of-record-crowd
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア資料提供情報】本日深夜25時のBSフジ「ストリップ劇場物語」に写真提供を [ストリップ]

本日の深夜25時というか11日の午前1時からBSフジで放送されるドキュメンタリー「ストリップ劇場物語」に、昭和40年代の浅草ロック座の外観写真を提供させて頂きました。
〈写真提供:西条昇〉とクレジットされています。
http://www.sanspo.com/smp/geino/news/20180525/geo18052505010014-s.html
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女優史研究】〝エキゾチック・スター〟アンナ・メイ・ウォンの魅力 [女優]

1920~1930年代にハリウッドで活躍した中国系アメリカ人女優のアンナ・メイ・ウォン(1905~1961)。
そのエキゾチックな魅力から〝チャイニーズ・ヴァンプ〟と言われたとか。
代表作に、ダグラス・フェアバンクスや上山草人と共演した「バグダッドの盗賊」(1924)、マレーネ・ディートリヒと共演した「上海特急」(1932)などがある。
遺された写真の表情とポーズの全てに独特の美しさが感じられるね。
2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のジャニーズ史コレクション】昭和50年の日劇でのジャニーズ・ファミリー・フェスティバル [ジャニーズ]

手元にある、昭和50年(1975)8月の日劇ウエスタンカーニバルのパンフのジャニーズ・ファミリー・フェスティバルのページ。
郷ひろみがバーニングプロダクションに移籍して間もない頃のもので、ジャニーズ・ジュニア・スペシャル(JJS)、豊川誕、リトル・ギャング、井上純一、殿ユタカ、葵テルヨシ、リトル・リーブス、スーパー・エイジスに加え、フォーリーブスも応援出演予定とクレジットされるなど、当時のジャニーズ・アイドルが総出演している。
現在、多くのジャニーズ・アイドルが帝国劇場やシアター・クリエといった東宝の舞台に出演しているが、その原点は日劇にあると言えるだろう。
2018-06-10T12:27:54.jpg2018-06-10T12:27:54.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の昭和歌謡曲史研究】先月亡くなられた「ピンキーとキラーズ」のパンチョ加賀美さんのこと [歌謡曲]

先月29日に「恋の季節」などのヒットで知られる「ピンキーとキラーズ」のドラマーとして活躍したパンチョ加賀美さんが74歳で亡くなられたというニュースを知り、すぐに山高帽にステッキというお馴染みのスタイルで歌い踊る往年のパンチョさんの姿を思い浮かべた。
「恋の季節」がオリコンで17週間1位を記録し、270万枚を売り上げるミリオンヒットとなった要因として、作曲のいずみたくが考案した「ピンキーとキラーズ」というキャラ設定のコンセプト、岩谷時子の作詞、ピンキーこと今陽子の歌声とビジュアルの可愛さに加え、四人のキラーズの中にひときわ目立つ容貌のパンチョ加賀美さんが居たということも大きかったと思う。
https://youtu.be/pFuuRhk2tM0
https://youtu.be/XD1t7eUPbkg
2018-06-10T11:19:20.jpg2018-06-10T11:19:20.jpg2018-06-10T11:19:20.jpg2018-06-10T11:19:20.jpg2018-06-10T11:19:20.jpg2018-06-10T11:19:20.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog