So-net無料ブログ作成

【西条昇の演芸&バーレスク史研究】神港新聞の八千代劇場、新劇、寿座の新聞広告 [お笑い]

昭和27年の神港新聞の神戸の八千代劇場、新劇、寿座の新聞広告。
八千代劇場は漫才初午祭り。中田ダイマル・ラケットや漫才時代の芦屋雁之助・小雁(当時は芦乃家雁の助・小雁)、広沢駒蔵、トウロクショウ(横山ホットブラザーズの前身)ら。
新劇は古今東西エロ大会。J・フジオのバーレスク「続 肉蒲団」、ヌードフォリーズ「淫虐 延明院」、金粉ショウ「大江戸(おおえろ)五人男」、シバカンのショーボート「笑う海賊」、〈世紀の爆笑王!大活躍〉三遊亭柳枝劇団と、裸と笑いで盛りだくさん。
寿座は人間座「へそと雷」、東京新喜劇「7人の前科者」、朱里みさおとパルナスショウ「阿片窟の女たち」。朱里みさおは朱里エイコのお母さんだ。
うーん、どれも観たいな。
2018-01-04T02:31:12.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇メディア掲載情報】元旦の全国各紙のクレージーキャッツ特集記事にコメント掲載 [お笑い]

共同通信からコメント取材を受けたクレージーキャッツ特集記事が、昨日の元旦、全国各地の新聞に掲載されました。
2018-01-02T17:52:04.jpg2018-01-02T17:52:04.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇メディア掲載情報】週刊現代のいかりや長介さんさんについての鼎談記事がYahoo!ニュースに掲載 [お笑い]

週刊現代での碇矢浩一さん、すわ親治さんと私、西条でのいかりや長介さんについての鼎談記事がYahoo!ニュースに掲載されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171223-00053322-gendaibiz-bus_all
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇のキャバレー史研究】コミックショーのコミックライセンス [お笑い]

手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の勝木プロダクションのページ。
タレントは、コミックショーのコミックライセンスだ。
彼らについての情報はないが、「コミック」を名乗るキャバレー回りグループの頂点にショパン猪狩の東京コミックショウがあり、そこから分裂した鯉口潤一が東京ジャンボコミックを作り、ショパンの弟子だった福島ケンのザ・コミックスもあった。
コミックライセンスもショパンの東京コミックショウの流れを引く人たちだったのかな。
Wコミックはギャグメッセンジャーズの一門だったが。
2017-12-06T23:49:11.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇のお笑いコレクション】うめだ花月での「春休みひょうきん祭り」のチラシ [お笑い]

手元にある、1982年3月31日に大阪・うめだ花月で行われた「春休みひょうきん祭り」のチラシ。
〈タケチャンマン大阪に現わる!!〉。
フジテレビと吉本によるステージ版「オレたちひょうきん族」で、タケチャンマンのビートたけし、ひょうきんベストテンの島田紳助と山村美智子、ひょうきんニュースの明石家さんまと山田邦子、他に、うなずきトリオ、やかましトリオ、ヒップアップ、ゲストにひょうきんディレクターズと豪華レギュラー陣が総出演。
テレビ収録はされたのかな。
2017-12-04T12:41:10.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇のキャバレー史研究】キャバレー芸人紹介専門誌のロス・プリモスとケーシー高峰のページ [お笑い]

手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の黒沢明とロス・プリモス、〈ケーシーのお色気漫談・医学講座〉ケーシー高峰のページ。
ロス・プリモスもケーシーさんも、キャバレーのフロア・ショーにピッタリだったろうな。
2017-12-03T18:38:08.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇のキャバレー史研究】キャバレー芸人紹介専門誌のトニー谷のページ [お笑い]

手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号のフジプロダクションのページにはトニー谷さんが。
〈大評判の「トニー谷」〉〈ボードビル おいろけショウ クラブ・フロアへ積極的大進出!!〉〈どこのお店でも開店以来、初の超満員 記録破りの大入りと爆発的大人気!!〉。
日劇ミュージックホールがホームグラウンドだったトニーさんはフロア・ショーの雰囲気と相性が良かっただろうね。
2017-12-03T13:06:55.jpg2017-12-03T13:06:55.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇のキャバレー史研究】フロア・ショーのタレント紹介誌「ショウ イン ジャパン」にツービートが [お笑い]

手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の吉川事務所のページにはツービートの写真が。
太田プロダクションに入る前は吉川事務所の所属だったのだ。
他にコミックマジックの伊藤一葉、星企画と業務提携の先代・三遊亭円楽、モノマネのはたけんじ(預り)らの写真が掲載されている。
2017-12-02T17:50:28.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇のお笑い&ジャズ史コレクション】フランキー堺とシティ・スリッカーズ出演の江東劇場の公演パンフ [お笑い]

手元にある、江東劇場でのフランキー堺とシティ・スリッカーズが出演の「ダイヤモンド・ジャズ・パレード」の公演パンフ。
〈和製スパイク・ジョーンズ〉と言われた冗談音楽バンドであるフランキー堺とシティ・スリッカーズには、ギター 植木等、トロンボーン 谷啓(ここでは谷敬の表記)、ピアノ 桜井センリ(ここでは桜井千里の表記)など、のちのハナ肇とクレージーキャッツのメンバーが在籍していた。
もしも、この後、リーダーでドラマーのフランキー堺が単独の喜劇俳優として日活に引き抜かれていなければ、1960年代のクレージーキャッツ全盛時代は来ていなかったのではないか。
他に、小野満とフォアーブラザーズ、ナンシー梅木、柳沢真一、中村メイコ、司会のE・H・エリックらが出演。
2017-12-01T20:28:13.jpg2017-12-01T20:28:13.jpg2017-12-01T20:28:13.jpg2017-12-01T20:28:13.jpg2017-12-01T20:28:13.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇の今までのメディア出演】5年前の「小倉・住吉のおスミつき」に [お笑い]

今までのTV出演シリーズ。
5年前のBS朝日「小倉・住吉のおスミつき」の清水ミチコさんがゲストの回のモノマネ特集で、1200年代の「勘仲記」に物万禰という言葉が載っており、もともとは鎌倉時代の貴族たちの宴会芸だったといったモノマネの歴史についてインタビュー出演しました。
2017-11-11T12:34:47.jpg2017-11-11T12:34:47.jpg2017-11-11T12:34:47.jpg2017-11-11T12:34:47.jpg2017-11-11T12:34:47.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い