So-net無料ブログ作成
ジャニーズ ブログトップ
前の10件 | -

【西条昇の今までのメディア出演】昨年末のCX「バイキング」出演 [ジャニーズ]

去年の12月26日にCX「バイキング」にスタジオ生出演して、SMAP×SMAPの最終回とSMAPの解散とその功績について話しました。
2017-11-13T19:18:35.jpg2017-11-13T19:18:35.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のアイドル論】A.B.C-Z「ジャニーズ伝説2017」を観劇 [ジャニーズ]

昨日は、日生劇場で、作・構成・演出 ジャニー喜多川、主演・A.B.C-Zの「ABC座 ジャニーズ伝説2017」を観劇。
本作品は2013年に初演され、2014年の再演以来、今回は3年ぶりの上演となる。
初代ジャニーズのアメリカ修行から解散までをモチーフに虚実取り混ぜて描いたミュージカル作品だが、今回から新たにジャニーさん本人の役柄(戸塚祥太)が加えられ、代々木ワシントンハイツでの少年野球の練習をフェンス越しに見ていた四人の少年がチームに入団し、雨の日に皆で見に行ったミュージカル映画「ウエストサイド物語」に感激してミュージカルを目指すようになるという実際にあったエピソードから物語が始まる演出に変更されていた。
とりわけ、実際に初代ジャニーズが1965年の紅白歌合戦で歌い踊った「マック・ザ・ナイフ」の映像を映しながら、橋本良亮、河合郁人、五関晃一、塚田僚一の四人が同じ衣装と振り付けで歌い踊る場面が良かったな。
初代ジャニーズから夢のバトンを受け継いだフォーリーブスのメドレーも、以前より曲数が増えていて楽しめた。
終演後、控え室前で彼らに挨拶し、「丁度、大学のアイドル論という授業で、今週、初代ジャニーズとフォーリーブスについて取り上げたばかりなんですよ」という話をした。
2017-10-27T10:11:23.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のエンタメ日記】ジャニーさん演出の舞台を1日で二本観劇する予定 [ジャニーズ]

今月末のある日に、13時から日生劇場でジャニー喜多川氏の企画・構成・総合演出、Six TONESとSnow Manが出演の「少年たち~Born TOMORROW~」、18時から帝国劇場でジャニー氏の作・構成・演出、Mr.KING & Prince、HiHi Jet、東京B少年、Love-tune、Travis Japanが出演の「JOHNNYS’YOU&ME IsLAND」を観させていただくことに。
ジャニーさんの世界観をたっぷり楽しめる1日…、楽しみだな。
2017-09-24T19:33:15.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のジャニーズ研究】関ジャニ∞と「関ジャム 完全燃SHOW」 [ジャニーズ]

野外ロックフェス初参戦を果たした関ジャニ∞。
彼らがここ数年、TV番組「関ジャム 完全燃SHOW」で様々なアーティストやミュージシャンたちと共演することで音楽的成長を遂げたのは間違いない。
KinKi Kidsが「LOVE LOVE あいしてる」で吉田拓郎をはじめとするアーティストたちと共演することで音楽的成長を遂げたのと同様のケースと言える。
一方でSMAPは「夢はMORI MORI」、嵐は「Cの嵐!」「Dの嵐!」などでバラエティーを実践的に勉強し成長を遂げた。
レギュラー番組を通じてタレントを勉強させ成長させる発想がいかにもジャニーさんらしい。

関ジャニ∞、初野外フェスで提示したアイドルとロックの可能性(オリコン) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000304-oric-musi
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

田中聖くん逮捕のニュースを知って [ジャニーズ]

田中聖くん逮捕の知らせで大きなショックを受けた。聖くんのパートだけラップ調だった、サマリーでのKAT-TUN6人による「アンダルシアに憧れて」や、ドリボのチャンプ役で「ワンツースリーでノックダウン、リングにキスしなファイトメン」と歌う場面を思い出した。当時の聖くんは輝いていたね。
また、KAT-TUNと関西ジャニーズが競演したドリボの観劇後に楽屋の階を訪れると、楽屋でシャワー中だった亀梨くんを除くKAT-TUNの5人とジャニーさんがエレベーター前で出迎えてくれたが、その時に田中聖くんが言った「僕ら6人でJAT-TUNです!」という一言も忘れられない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のアイドル論】エンタメ論Ⅰで、ジャニーズと男性アイドル史を [ジャニーズ]

先週金曜2限のエンタメ論Ⅰでは、ジャニーズを中心とした男性アイドル史について。
前史としての日劇ウエスタンカーニバルでのロカビリー人気。坂本九・ジェリー藤尾らのマナセプロ勢。スリーファンキーズ。
日系2世のジャニー喜多川氏が原宿ワシントンハイツなどで教えていた少年野球チーム「ジャニーズ」から、映画「ウエストサイド物語」がキッカケとなり、〈歌って踊れる少年グループ〉初代ジャニーズを結成。
ジャニーズJr.は当時から存在し、初代ジャニーズのバックからフォーリーブスがデビュー。
もともとミュージカル志向だったため、ジャニーズもフォーリーブスも、リサイタルの他、年に数本のオリジナル・ミュージカルを上演。この路線は少年隊のプレゾンや堂本光一くんのSHOCKなどに引き継がれた。
ビートルズの影響を受けたGS(グループサウンズ)ブームの中、フォーリーブスは〈楽器を持たないGS 〉として活躍。
体操部出身の北公次がステージでバック転を披露し、ジャニーズの伝統に。
1970年代は男性アイドル戦国時代。
新御三家は芸映プロの西城秀樹、NPミュージックの野口五郎、ジャニーズの郷ひろみ(途中でバーニングプロへ)。ジュリーこと沢田研二、あいざき進也は渡辺プロ。
ジャニーズは豊川誕、川崎麻世、JJS、リトルギャング。〈ポスト郷ひろみ〉がなかなか生まれない状況。
ジャニーズ以外では、フィンガー5やずうとるびが人気。サンミュージックの太川陽介、渋谷哲平。
79年スタートの「金八先生」で、たのきんトリオがブレイク。
80年代はジャニーズ黄金期。たのきんに続いて、シブがき隊、少年隊、光GENJI、男闘呼組が続く。
ジャニーズ以外では、沖田浩之、新田純一、 イモ欽トリオ、チェッカーズ、C-C-Bなど。
欽ちゃんファミリーとジャニーズがコラボしたCHA-CHA、おめで隊。
90年代初めにSMAPがデビューするも、各局の歌番組消滅とバンドブームやお笑い芸人のアイドル化などの逆風により、なかなかチャート1位になれず。
バラエティーとドラマに本格的に挑戦することで国民的アイドルグループへ。
その後、KinKi Kids、TOKIO、V6、嵐、タッキー&翼、NEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞らが続き、男性アイドル=ジャニーズと言ってもいい時代に突入。
などなど。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

毎日新聞の朝刊にSMAP存続についてのコメントが掲載されました [ジャニーズ]

今朝の毎日新聞に、昨日のスマスマ生放送でのSMAP存続についてのコメントが掲載されました。
他に、共同通信の取材も受けたので、各紙に配信されているかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SMAP報道を受けて共同通信とNHK「NEWS WEB」にコメントをしました [ジャニーズ]

昨日13日の火曜は、午前中から江戸川大学マスコミ学科2限の講義「アイドル論」でアイドル史におけるSMAPについて話し、午後は共同通信とNHK-TV「NEWS WEB」からコメント取材を受けました。
23時半からのNHK「NEWS WEB」では、SMAP報道特集コーナーで、僕の写真と共にSMAPについてのコメントが紹介されました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

日刊スポーツにSMAP解散記事が! [ジャニーズ]

日刊スポーツに、SMAP解散を報じる記事が。木村拓哉くん以外の四人が退社するとか。週刊文春のメリーさんインタビュー記事から1年…。とにかく衝撃。続報を待つ。今日の午前中の江戸川大学マスコミ学科での講義「アイドル論」でも当然取り上げたい。https://t.co/SYAV18Xz2W
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前の10件 | - ジャニーズ ブログトップ