So-net無料ブログ作成
検索選択
アイドル ブログトップ
前の10件 | -

【西条昇の70年代アイドル論】〈不遇の天才〉青木美冴 [アイドル]

1975年8月に山口洋子 作詞、井上忠夫 作曲の名曲「うれしい体験」でCBSソニーから中学三年生の時にデビューした青木美冴は、青山ミチや朱里エイコに匹敵するパンチ力と表現力とノリのある歌声を持っていたが、アイドル歌手としては遂に大ブレークすることはなかった。
これはデビューした時期が悪かったとしか言いようがない。彼女の才能と時代が上手くマッチしなかったのだ。
1976年の春に出演した公開収録の音声を聴くと、一曲めの「うれしい体験」はもちろん、二~四曲めの「ヴァケイション」「すてきな16才」「子供じゃないの」という弘田三枝子も歌ったアメリカンポップスのナンバーも上手いの何の!
途中のMCで、アイドル雑誌で水着になるのが何とも嫌だと語ったり、性格がアイドルの仕事に向いていない部分もあったのかもしれない。
76年の後半から新曲も発売されなくなり、80年代に入って彼女の才能を知る近田春夫や新田一郎と組んだ曲も発表したが、これもブレークには至らず…。
ぜひ、現在の彼女の歌声を聴いてみたいものだ。
https://youtu.be/RAT7T08btdI
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇の60年代カバー・ポップス論】斎藤チヤ子「小さい悪魔」 [アイドル]

斎藤チヤ子の「小さい悪魔」。
原曲はニール・セダカの「Little Davil」で、1961年に飯田久彦がカバーした漣健児の訳詞のバージョンも好きだが、同年にみナみカズみ(のちの安井かずみ)の訳詞で発売された斎藤チヤ子バージョンも前者に負けず魅力的なのだ。
飯田バージョンが小さい悪魔と言われる女の子が好きになってしまった男の子の歌の内容なのに対して、チヤ子バージョンは小さい悪魔と言われる女の子自身が心のうちを呟く内容になっている。
とりわけ、三番の♪時にはブルージーン姿もするけれど やっぱり私はやさしい女の子♪なんていう部分が頭に残るな。
チヤ子の歌い方も可愛く、詞に合っている。
のちに、渡辺プロのゴールデンハーフとキャンディーズがこの曲をカバーしているが、ゴールデンハーフはみナみカズみの訳詞、キャンディーズは漣健児の訳詞で歌っているのも興味深いね。
https://youtu.be/dp4JguvEg6Q
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇の60年代カバー・ポップス論】森山加代子「悲しきインディアン」 [アイドル]

森山加代子の「悲しきインディアン」。
1960年8月発売の〝加代ちゃん〟の2枚めのシングル「メロンの気持ち」のB面に収録。
原曲はJohnny Prestonの「Running Bear」で、編曲は宮川泰、訳詞は加代ちゃん自身とか。
敵対するインディアン(ネイティブ・アメリカン)の部族の男女が川を挟んで恋をするという〝ロミジュリ〟的設定を加代ちゃんが上手く日本語の詞にしてメロディーに乗せることに成功している。
もちろん、キュートな〝甘えた唱法〟も最高。
僕が最も多く鼻唄で歌う一曲で、本物の森山加代子さんのバックで♪ウンパッパ、ウンパッパ!♪と合いの手(?)を入れるのが小さい頃からの僕の夢である。
実現しないかなあ…!
https://youtu.be/A8i-s2TziEk
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

【西条昇の60年代カバー・ポップス論】森山加代子「月影のキューバ」 [アイドル]

森山加代子の「月影のキューバ」はCelia Cruz「Magica Luna」のカバーで、大ヒットとなった森山のデビュー曲「月影のナポリ」から〝月影〟を持ってきている。
「月影のナポリ」は♪ティンティンティンと胸の鳴る♪とのキャッチーなフレーズが印象的だが、この曲でもいきなり♪パーヨパーヨパッパララララ~♪という不思議なフレーズで惹き付けられる。
森山加代子の可愛く甘えるような声と歌い方にも合ってるね。
僕は、60年代のカバー・ポップスの女性歌手の中では森山加代子を最も評価している。
何せ、ヒット曲が多いし、弘田三枝子のように踏ん張って歌わないところも良いね。
日本の女性アイドル像は70年代に入って確立したが、60年代の〝加代ちゃん〟はその先駆け的な存在と言える。
https://youtu.be/ViY3_0W7d-s
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

【西条昇の60年代歌謡曲論】元祖アイドル「お姐ちゃんトリオ」の「お姐ちゃんに任しとキ」 [アイドル]

東宝映画〝お姐ちゃんシリーズ〟主演の「お姐ちゃんトリオ」(中島そのみ、重山規子、団令子)の「お姐ちゃんに任しとキ」。
1960年の同名の映画の主題歌で、作曲は神津善行。
♪花の都のド真ん中 (ソレ) ザギンのチャンネーだ 任しとキ♪
詞も曲も歌い方もセリフも最高だね。
「ンン~」なんてフレーズは前年のスリー・キャッツ「黄色いさくらんぼ」の影響だろうな。
https://youtu.be/c-JhfwFVPFw
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のアイドル論】日本の女性アイドル歌謡のベースを作った森田公一の功績 [アイドル]

アイドル歌謡の作曲家と言えば、すぐに筒美京平や都倉俊一の名前が挙がるが、僕は森田公一こそ女性アイドル歌謡のベースを作った最大の功労者だと思っている。
天地真理「恋する夏の日」「ひとりじゃないの」「虹をわたって」といい、アグネス・チャン「ひなげしの花」といい、桜田淳子「黄色いリボン」「はじめての出来事」「十七の夏」「ゆれてる私」「夏にご用心」といい、それぞれの歌い方の特徴を引き出しつつ、筒美とも都倉とも異なる明るくストレートな〈森田節〉とも言うべき共通性がある。
キャンデーズ「あなたに夢中」「そよ風のくちづけ」「危ない土曜日」「ハートのエースが出てこない」、ザ・リリーズ「好きよキャプテン」、岡田奈々「青春の坂道」も名曲だな。
https://youtu.be/uaOUIN8SmGs
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のアイドル論】キャンデーズ2枚目のシングル「そよ風のくちづけ」 [アイドル]

キャンデーズのデビュー曲「あなたに夢中」に次ぐ2枚目のシングル「そよ風のくちづけ」。
スーちゃんセンター時代の名曲の一つ。
作曲は森田公一。同じ森田さんの手掛けた一連の桜田淳子の曲と共通する雰囲気があるが、三人のハーモニーを良く活かしている。
出だしの「♪あなたに盗まれた~」や後半の「♪あれから夢ごこち~」のところが好きだな。
チョキチョキッとする振付も可愛いね。
https://youtu.be/Kr-MdyoSKXc
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のアイドル論】フィンガー5の思い出 [アイドル]

70年代半ばのナショナルの〝ちびっ子テープレコーダ〟スナッピーの広告。
あったなあ、こういうの。13800円は高価だな。
商品キャラクターは当時、人気絶頂のフィンガー5である。
その頃の僕は彼らの大ファンで、ファンクラブにも入っていたし、日劇で生のフィンガー5を良く観ていた。
いまだに、彼らの「個人授業」「恋のダイヤル6700」「学園天国」「恋のアメリカン・フットボール」「恋の大予言」「上級生」「恋の研究」「華麗なうわさ」「バンプ天国」「ぼくらのパパは空手の先生」「101人ガールフレンド」などは、晃や正男や妙子の歌い方を真似したりしつつフルコーラス歌うことが出来る。
阿久悠さんの歌詞も最高だね。
2017-06-13T13:07:59.jpg2017-06-13T13:07:59.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇メディア出演情報】杏子さんの番組に70年代男性アイドルについてインタビュー出演 [アイドル]

数年前に江戸川大学を卒業して今はテレビ制作会社のディレクターをしている僕のゼミのOBから頼まれて、元BARBEE BOYSの杏子さんがやっているCSの番組に、70年代の男性アイドルについてインタビュー出演することになりました。
詳しくは、また追って。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前の10件 | - アイドル ブログトップ