So-net無料ブログ作成
落合登 ブログトップ

【西条昇の日劇レビュー史コレクション】日劇トロピカルショウ「情熱のキューバ」公演パンフ [落合登]

手元にある、昭和28年6月の日劇こと日本劇場での日劇トロピカルショウ「情熱のキューバ」の公演パンフ。
表紙イラストは、昭和20年代前半から後半にかけて東宝宣伝部で日劇、日劇小劇場、日劇ミュージックホールの公演パンフの表紙を数多く手掛けた落合登によるものだ。
この表紙、良いなあ。
出演は灰田勝彦、宝とも子、柳沢真一、漫才の南道郎・国友昭二、日劇ダンシングチーム、東京キューバン・ボーイズなど。
2018-05-21T21:25:02.jpg2018-05-21T21:25:02.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和28年の日劇での「踊る東京」公演パンフ [落合登]

手元にある、昭和28年5月の日劇こと日本劇場での日劇ダンシングチーム公演「踊る東京」のパンフ。
表紙イラストは、これも署名はないが、昭和20年代前半から後半にかけて東宝宣伝部で日劇、日劇小劇場、日劇ミュージックホールの公演パンフの表紙を数多く手掛けた落合登によるものだ。
出演は日劇ダンシングチームの他、歌手では楠トシエに暁テル子、喜劇人では山田周平と市村俊幸、ローラースケートの芸人も。
2018-05-16T23:09:19.jpg2018-05-16T23:09:19.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和29年の日劇「春のおどり」公演パンフ [落合登]

手元にある、昭和29年4月の日劇こと日本劇場でのグランド・レヴュー「春のおどり」の公演パンフ。
表紙イラストは、署名こそないが、昭和20年代前半から後半にかけて東宝宣伝部で日劇、日劇小劇場、日劇ミュージックホールの公演パンフの表紙を数多く手掛けた落合登によるものだ。
出演は日劇ダンシングチームの他、歌手ではペギー葉山に柳沢真一、女優の岡田茉莉子、喜劇人ではトニー谷、内海突破、千葉信男、市村俊幸、空中ブランコや足芸の芸人たちも。
2018-05-16T23:09:06.jpg2018-05-16T23:09:06.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の落合登コレクション】昭和24年の有楽座でのエノケン劇団の公演パンフ [落合登]

落合登の仕事シリーズ。
手元にある、昭和24年1月の有楽座でのエノケン劇団初春公演のパンフ。
表紙は落合登によるエノケンと笠置シヅ子のイラストだ。可愛いね。
落合登は松竹洋画部を経て東宝の本社・美術課課長となり、宣伝プロデューサーとして戦前は数々の喜劇映画のポスターなどを手掛けた。
戦後は舞台のパンフの表紙の仕事が多く、有楽座や日劇でのエノケン・ロッパ・金語楼らの喜劇公演と、日劇小劇場や日劇ミュージックホールでのヌード・ショー公演のパンフの表紙イラストを担当している。
喜劇公演とヌード・ショー公演のどちらの仕事も素晴らしく、今こそ再評価すべきだと思うのだが、どうだろうか。
2018-02-02T05:12:22.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能
落合登 ブログトップ