So-net無料ブログ作成

【西条昇の昭和の女優史研究】宝塚時代の乙羽信子 [女優]

戦前の宝塚歌劇団時代の乙羽信子(1924~1994)。
まだ宝塚音楽学校に入って間もない頃か。
それにしても、前髪パッツンのオカッパでこの可愛さは凄いな。
2018-06-11T02:20:49.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女優史研究】〝エキゾチック・スター〟アンナ・メイ・ウォンの魅力 [女優]

1920~1930年代にハリウッドで活躍した中国系アメリカ人女優のアンナ・メイ・ウォン(1905~1961)。
そのエキゾチックな魅力から〝チャイニーズ・ヴァンプ〟と言われたとか。
代表作に、ダグラス・フェアバンクスや上山草人と共演した「バグダッドの盗賊」(1924)、マレーネ・ディートリヒと共演した「上海特急」(1932)などがある。
遺された写真の表情とポーズの全てに独特の美しさが感じられるね。
2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg2018-06-10T12:28:13.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の昭和の女優史研究】若き日の加賀まりこと田辺昭知のグラビア記事 [女優]

若い頃の加賀まりことザ・スパイダースのリーダー兼ドラマーの田辺昭知(のちの田辺エージェンシーの田邊昭知社長)のグラビア記事。
〈撮影の合い間に〝昭坊〟〝まりこ〟と呼び合う二人に、やはりただの共演者同士という以上の何かが感じられた。〝愛の復活〟と見るのは穿ちすぎだろうか〉。
〈わらの上でロマンチックな愛の交歓 田辺の両手がなんとも気になる〉。
…確かに(笑)
2018-06-04T20:01:20.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の昭和の女優史研究】若尾文子とソフィア・ローレン [女優]

もしも僕が、エロスを体現した古今東西の女優番付を作るとしたら、文句なしに、東(東洋)の横綱は若尾文子、西(西洋)の横綱はソフィア・ローレンになる。
僕のこの番付では、マリリン・モンローよりソフィア・ローレンが上位にくるのだ。
2018-05-26T07:40:00.jpg2018-05-26T07:40:00.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の昭和の女優史研究】若尾文子と谷崎潤一郎作品の相性の良さ [女優]

谷崎潤一郎の原作を映画化するのに、主演・若尾文子、監督・増村保造、製作・大映というのは最高の組み合わせだったな。
2018-05-24T21:23:29.jpg2018-05-24T21:23:29.jpg2018-05-24T21:23:29.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の昭和の女優史研究】若尾文子の魅力とは [女優]

昭和エロスがテーマのイラストレーターである吉岡里奈さんの個展「人生はお祭りダァ!」には、大女優 若尾文子さんをイメージして描かれたであろう作品が2つあった。
さもありなん。
若尾文子こそ、日本文化の陰影から生まれるエロスの結晶と言うべき存在であり、昭和エロスを象徴するアイコンと言えるだろう。
寅さん映画の大ファンだった僕は6歳の時に「男はつらいよ 純情篇」(1971)でとらやに下宿する別居中の人妻役で出演した若尾文子を初めて観たが、他の寅さんシリーズのマドンナのキャラクターに比べて、その魅力が良く分からなかった。6歳で理解できる筈もないのだが。
30代の半ばを過ぎた頃に、突然、若尾文子の良さが分かって、その出演作品の虜になった。
2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg2018-05-24T20:36:02.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の昭和の女優史研究】朝丘雪路さんのご冥福をお祈り致します [女優]

女優の朝丘雪路さんが82歳で亡くなられたとのこと。
小学校低学年の頃の僕は、朝丘さんが昭和45年に歌った「雨がやんだら」を、〈♪雨がやんだら~ ボイン~ お別れなのね~ ボイン~〉と、朝丘さんの代名詞でもある〝ボイン〟を折り込みつつ歌っていた記憶がある。あれは誰に教わったのだろう。
渥美清さんが浅草フランス座からテレビに進出したばかりの頃に共演していた経験があり、昭和57年の「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」で渥美さん扮する寅さんとその幼なじみに扮した朝丘さんとの息の合った絡みが素晴らしかった。
僕が構成作家をさせて頂いていた頃の「加トちゃんケンちゃん ごきげんテレビ」の探偵ドラマ・コントのコーナーに朝丘さんがゲスト出演したことがあったが、加藤さん志村さんとの絡みも抜群に面白かったな。
宝塚歌劇団の娘役だった頃の朝丘さん、美しいね。
2018-05-20T01:11:30.jpg2018-05-20T01:11:30.jpg2018-05-20T01:11:30.jpg2018-05-20T01:11:30.jpg2018-05-20T01:11:30.jpg2018-05-20T01:11:30.jpg2018-05-20T01:11:30.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇の昭和の女優史研究】星由里子さんのご冥福をお祈り致します [女優]

女優の星由里子さんが16日、74歳で亡くなられたとのこと。
星さんは東宝の専属女優として「若大将」シリーズなど数々の映画に出演。
その明るく華のあるキュートな魅力は、同じ東宝の女優であった団令子、浜美枝、酒井和歌子とも共通するもので、数多くの雑誌の表紙を飾っている。
謹んでご冥福をお祈り致します。
2018-05-18T03:28:19.jpg2018-05-18T03:28:19.jpg2018-05-18T03:28:19.jpg2018-05-18T03:28:19.jpg2018-05-18T03:28:19.jpg2018-05-18T03:28:19.jpg2018-05-18T03:28:19.jpg2018-05-18T03:28:19.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女優史研究】日本で開催のヘップバーン・コンテスト [女優]

昭和29年4月公開の「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンが日本で大人気となり、ヘップバーン・コンテストが行われた時の写真。
審査基準は、だれが最もヘップバーンらしいか…だったのかな。
そけだけ、彼女が日本の女性たちに与えた影響が大きかったということだろう。
2018-05-17T10:48:19.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の昭和の女優史研究】大原麗子の魅力 [女優]

プーっと膨れた顔をする大原麗子。
こうしたコミカルな演技や表情も彼女ならではの魅力の一つだったな。
2018-05-15T00:19:50.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog