So-net無料ブログ作成
レヴュー ブログトップ
前の10件 | -

【西条昇のコント史研究】昭和9年の宝塚歌劇「ヂャブヂャブ・コント」マッチラベルとコントの歴史 [レヴュー]

手元にある、昭和9年8月の宝塚大劇場での宝塚少女歌劇雪組のノンストップ・レヴュウ「ヂャブヂャブ・コント」のマッチラベルを見て、日本の舞台芸能で最初に「コント」という言葉を使ったのは喜劇・演芸のジャンルではなく宝塚歌劇だったという思いを強くした。
〈コント〉はもともとフランス語で短編小説を意味し、戦前の日本ではユーモアやウィットに富んだ短編小説として理解され、当時刊行された「コント集」と題した書籍は舞台演芸としてのコント台本集ではなく、いわゆるユーモア短編小説集であった。
舞台芸能としての笑わせる寸劇のことは、昭和4年のエノケンたちの「カジノ・フォーリー」以来、〈ナンセンス・スケッチ〉と銘打たれていた。
日本のストリップ誕生のキッカケとなった「額縁ショウ」が生まれた昭和22年の新宿・帝都座での「帝都座ショウ」でコメディアンの山田周平らがダンスや歌の景の間に演じた景も〈ナンセンス・スケッチ〉と題されていた。
それが本格的なストリップ全盛期に入った昭和20年代後半あたりから幕間の笑わせる寸劇が「コント」と言われるようになり、ストリップ劇場出身の由利徹・八波むと志・南利明による「脱線トリオ」が出演した昭和31年スタートの「お昼の演芸」の脱線コントをキッカケに演芸としての〈コント〉という言葉が全国的に定着していったのだ。
宝塚歌劇団は昭和2年の「モン・パリ」以来、フランスの〈レヴュー〉という芸能ジャンルを採り入れており、フランスつながりで「コント」という言葉を使ったのだろう。
2017-11-16T21:44:29.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のレヴュー・コレクション】〝ニセ宝塚〟宝塚舞踊歌劇団の公演チラシ [レヴュー]

手元にある、昭和初期のニセ宝塚歌劇団のチラシ。
「涼艶萃麗秋の大レヴュー!!」とのキャッチ・コピーに、「宝塚舞踊歌劇団」との劇団名。
はじめは普通に当時の宝塚少女歌劇のものかと思ったが、よく見てみると、「輝く明眸とエロの放散!!」との謳い文句やレパートリーの中に「エロオンパレード」「エロ行進曲」と書かれていたり、「清く正しく美しく」の宝塚らしからぬ「エロ」というフレーズが三ヶ所も使われている。
いくつかの踊り子たちの写真のポーズや衣装などを見ても、エロ・グロ・ナンセンスで売った浅草レヴューのイメージに近い。
また、特別出演の汐路美枝子嬢の肩書きには大阪宝塚少女歌劇部出身とあり、図らずも本家の宝塚歌劇とは違うことを露呈している。
エノケンにあやかったエノケソのようなものだったのだろう。
2017-11-05T11:51:54.jpg2017-11-05T11:51:54.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のレヴュー史研究】「ジーグフェルド・フォリーズ 1918」のポスター [レヴュー]

〈アメリカのレヴュー王〉フローレンツ・ジーグフェルドが1918年にニューヨークのニューアムステルダム劇場でプロデュースした「ジーグフェルド・フォリーズ1918」のポスター。
ジーグフェルド・ガールズと言われた美女たちの顔が並んでいる。
ジーグフェルド・フォリーズは、フローレンツ・ジーグフェルドがパリのフォリー・ベルジュールやカジノ・ド・パリのレヴューのアメリカ版を狙って製作したもので、1907年~1931年まで毎年、贅沢にお金をかけた豪華レヴューの新作が製作された。
パリのレヴューと同様、美しい裸女たちも登場する。
2017-09-12T02:31:12.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇のレヴュー史研究】1920年代のカジノ・ド・パリのポスター [レヴュー]

1920年代のカジノ・ド・パリのポスター。
パリらしい豪華な美しさ。
この当時のカジノ・ド・パリやフォリー・ベルジュールの舞台を観た岸田辰彌や白井鐵造が宝塚流レヴューを確立し、二つの名前を組み合わせた「カジノ・フォーリー」を浅草で旗揚げしたエノケンたちのほうは〈インチキ・レヴュー〉と言われた。
1910年代からアメリカのブロードウェイでフローレンツ・ジーグフェルドによって上演されたレヴュー「ジーグフェルド・フォリーズ」にも大きな影響を与えている。
2017-09-11T10:02:20.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇の日劇ミュージックホール研究】昭和27年の日劇ミュージックホールの舞台写真 [レヴュー]

手元にある、昭和27年の日劇ミュージックホールの舞台写真。
左から、コメディアン兼ピアニストの〝ブーちゃん〟こと市村俊幸、ミゼット芸人の空飛小助、当時は新谷登と名乗っていた頃の〝和っちゃん〟こと泉和助。
トニー谷と共に長く日劇ミュージックホールの笑いを支えた泉和助は、演じるだけでなく、洒落たギャグやコントを考えるのが得意で、〈フンダンにバカバカしいアイデアのギャグメン〉の略で〈FBIのGメン〉と名乗っていた。
談志師匠が〝和っちゃん〟の芸に惚れ込み、その舞台の様子について書き残している。
アメリカ人の観客が多かった日劇ミュージックホールでは、音や動きや英語をネタに出来るボードビリアン・タイプの芸人が好まれたようだ。
2017-09-11T03:11:55.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のストリップ史研究】水溜まりに落ちたストリップのポスターと少年たち [レヴュー]

手元にある、昭和30年前後の水溜まりに落ちているストリップショーのポスターを何か棒的な物で広げて見ようとする少年たちの写真。
興味津々とは、このことだね。
2017-09-10T12:12:07.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のバーレスク史研究】ジョセフィン・ベイカー出演のレビュー公演ポスター [レヴュー]

〈黒いヴィーナス〉ジョセフィン・ベイカーが1920年代後半にパリのレヴュー劇場に出演した際のポスター。
ベイカーの売り出しのきっかけとなったトップレスで腰にバナナを付けた姿が描かれている。
隣には彼女の魅力の虜になった豹の姿も。
このイラスト、めちゃ可愛くて、センスも現代的で、90年近くも昔の物には思えないな。
2017-09-10T10:02:59.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

【西条昇のバーレスク史研究】ジプシー・ローズ・リー主演のミュージカル・レビューの公演パンフ [レヴュー]

アメリカの〈バーレスクの女王〉ジプシー・ローズ・リーが1942年に映画プロデューサーのマイク・トッドとニューヨークの劇場で共同製作し、自ら主演したミュージカル・レヴュー「Star and Garter」のパンフの表紙。
ジプシーのイラストが何とも可愛くセクシーで、衣装も素敵だな。
2017-09-09T23:37:54.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

【西条昇のストリップ史研究】〈黒いヴィーナス〉ジョセフィン・ベイカー [レヴュー]

アメリカのミズーリ州セントルイス出身の〈黒いヴィーナス〉ジョセフィン・ベイカーは16歳でデビュー後、アメリカのボードビル一座や黒人のレヴュー・グループを経て1925年10月にパリのシャンゼリゼ劇場に出演すると、たちまちパリの人気を独り占めし、ピカソやヘミングウェイもその虜となった。
腰にたくさんのバナナを付けてトップレスでチャールストンを踊るステージは一世を風靡し、1920年代後半から30年代にかけてカジノ・ドパリやフォリー・ベルジュールなどパリの一流レヴュー劇場のトップスターとして活躍。
ベイカーが出演した映画は戦前の日本でも公開されており、日本のレヴューやストリップの世界にも大きな影響を与えている。
2017-09-07T14:36:15.jpg2017-09-07T14:36:15.jpg2017-09-07T14:36:15.jpg2017-09-07T14:36:15.jpg2017-09-07T14:36:15.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

【西条昇のストリップ史研究】ビートルズが訪れたイギリスの名門ストリップ劇場 [レヴュー]

ロンドンの歓楽街ソーホーにあった名門ストリップ劇場「レイモンド・レビューバー」(1958~2004)を1967年にザ・ビートルズの面々が訪れた時の写真。
凄いね。
僕も行ってみたかったな。
2017-08-31T06:02:49.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - レヴュー ブログトップ