So-net無料ブログ作成
レヴュー ブログトップ
前の10件 | -

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和28年の日劇での「春のおどり」公演パンフ [レヴュー]

手元にある、昭和28年4月の日劇こと日本劇場でのグランド・レヴュー「春のおどり」の公演パンフ。
表紙イラストは太陽とレヴュー・ガール。
昔のパリのレヴュー劇場のパンフでジョセフイン・ベイカーを描いたものに、こうしたタッチのイラストがあったな。
出演は日劇ダンシング・チームに加え、ビクターの生田恵子や、三木のり平、山田周平、市村俊幸らの喜劇人も。
2018-05-16T09:28:01.jpg2018-05-16T09:28:01.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の少女歌劇史コレクション】東京レヴュー団の地方公演チラシ [レヴュー]

手元にある、楽劇と舞踊と萬歳「東京レヴュー団」の地方公演用のチラシ。
35年新作発表とあるから昭和10年のものか。
松旭斉天昇、宇都宮陽子一座、ワカバ・サヨ子嬢らが出演。
楽劇舞踊、ダンス、奇術、ナンセンス、文化萬歳、レヴュー、ヴラエテーというプログラム。
盛りだくさんだね。
2018-05-08T11:09:52.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和23年の日劇でのエジプトレヴュー「サロメ」のパンフ [レヴュー]

手元にある、昭和23年4月に日劇で行われた「エジプトレヴュー サロメ」のパンフ。
日劇ダンシングチームの生みの親である秦豊吉の説得にも関わらず、昭和22年1月の新宿・帝都座「ヴィナスの誕生」の額縁ショーでブラジャーを着けたまま胸の露出を拒んだことでストリップ史に名を残す中村笑子が日劇ダンシングチームの舞台でサロメ役として踊っている。
演出の佐谷功は帝都座ショーも手掛けた人だ。
2018-05-07T10:06:38.jpg2018-05-07T10:06:38.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和12年の宝塚少女歌劇 花組公演のプログラム [レヴュー]

手元にある、昭和12年4月の東京宝塚劇場での宝塚少女歌劇団 花組公演のプログラム。
演目は、オペレット「プリマ・ドンナ」、ミュージカルコメディ「パパさん」、グランドレヴュウ「宝塚をどり暦」(年中行事 吉例春のをどり)の三本だ。
表紙イラストも春らしい華やかさが。
2018-05-06T06:21:18.jpg2018-05-06T06:21:18.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和11年の宝塚少女歌劇 月組公演のプログラムと観覧券 [レヴュー]

手元にある、昭和11年4月の東京宝塚劇場での宝塚少女歌劇 月組公演のプログラムと観覧券。
これもイラスト・デザインが素晴らしいな。
演目は、レヴュウ「気まぐれジュリア」、喜歌劇「狐ヶ原」、白井鐵造 作・振付のグランドレヴュウ「ミュージックアルバム」の三本だ。
そう言えば、先日、大学のエンタメ論で、東宝は東京宝塚劇場を略して名付けられたと言ったら、学生たちは結構驚いていたっけ。
2018-05-05T10:03:14.jpg2018-05-05T10:03:14.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和12年の宝塚少女歌劇 星組公演のプログラムと観覧券 [レヴュー]

手元にある、昭和12年3月の東京宝塚劇場での宝塚少女歌劇 星組公演のプログラムと観覧券。
この当時の東京での宝塚のプログラムと観覧券のイラスト・デザインには、独自の可愛さと華やかさが感じられる世界観があった。
2018-05-05T09:50:26.jpg2018-05-05T09:50:26.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇のレヴュー史コレクション】宝塚とOSKが掲載された1948年度 歌劇スタア名鑑 [レヴュー]

手元にある、両面刷りの1948年度最新版 歌劇スタア名鑑。
宝塚歌劇と大阪松竹少女歌劇のスター達の写真とプロフィールが掲載されている。
宝塚花組の越路吹雪、雪組の乙羽信子、月組の淡島千景、花組の新珠三千代、大阪松竹少女歌劇の京マチ子など、ここから戦後を代表する大女優が多く輩出されているのが分かる。
2018-05-04T12:15:59.jpg2018-05-04T12:15:59.jpg2018-05-04T12:15:59.jpg2018-05-04T12:15:59.jpg2018-05-04T12:15:59.jpg2018-05-04T12:15:59.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇のストリップ史研究】チナツさん五木麗菜さん出演のラブリーモンキーズのレヴュー・ショーへ [レヴュー]

今日は、チナツさん、早瀬みなさん、五木麗菜さんといったストリップOGの方々が出演するラブリーモンキーズのレヴュー・ショーを観るために赤坂ラブリーバーへ。
チナツさん五木さんの「キサス・キサス・キサス」、チナツさんのカルメン、五木さんの花魁など、仕草と表情で艶と華やかさを表現する芸を堪能。
〝動く五木さん〟を観るのは、ストリップ引退直前の16年11月の蕨ミニ劇場での関東ラストステージを観て以来、1年5ヶ月ぶりであった。
帰り際にチナツさん五木さんと少しお話しできて良かったな。
2018-05-01T05:42:58.jpg2018-05-01T05:42:58.jpg2018-05-01T05:42:58.jpg2018-05-01T05:42:58.jpg2018-05-01T05:42:58.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の演劇史コレクション】貞奴の扮したお吉や剣戟レヴュー 白虎隊の舞台写真絵葉書 [レヴュー]

手元にある、貞奴の扮したお吉、新舞踊唐人お吉、剣戟レヴュー 白虎隊などの舞台写真による絵葉書。
白虎隊の写真はハート型にデザインされている。
詳細不明だが、レヴューが流行した昭和ヒトケタ代のものだろう。
2018-04-29T11:10:41.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】サトウ天右一座が出演の小倉・大成館のパンフ [レヴュー]

手元にある、昭和13年頃の小倉・大成館のパンフ。
映画のアトラクションとして、サトウ天右一座が出演。
奇術、魔術、寸劇レヴューという内容。
〈みなさまお待ち兼ねのステージショーです! 面白く奇抜な豪華の一座!〉。
サトウ天右についてはなかなか詳しい資料が見つからない状態である。
2018-04-28T00:23:15.jpg2018-04-28T00:23:15.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - レヴュー ブログトップ