So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

【西条昇メディア掲載情報】週刊新潮の上沼恵美子さんについての記事にコメントを

「週刊新潮」の12月13日号の〈「上沼恵美子」東京進出はあるか 来年フジで「えみちゃんねる」再放送〉と題した記事で、私、西条の上沼恵美子さんの芸風と東京進出の可能性についての解説コメントが掲載されました。
デイリー新潮WebやYahoo!ニュースでも配信されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00553116-shincho-ent
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】16日の東京新聞の有料動画でのバラエティー人気の理由についての記事にコメントを

12/16(日)の東京新聞の朝刊の〈有料動画人気 オリジナル続々〉と題した記事で、アマゾンプライムなどでオリジナルのお笑いバラエティー番組が増えていることについての私、西条昇の解説コメントが掲載されました。
東京新聞のWebにも記事が配信されています。 https://t.co/dCFyJ29X5M
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】週刊SPA!の特集記事〈「ストリップ劇場」最前線〉で解説コメントを

2018-12-18T10:33:01.jpg2018-12-18T10:33:01.jpg2018-12-18T10:33:01.jpg2018-12-18T10:33:01.jpg今日発売の「週刊SPA!」12月25日号の〈会いに行ける裸のアイドル 「ストリップ劇場」最前線〉と題した記事に、私の解説コメントが掲載されています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】今朝の東京新聞の有料動画オリジナル・バラエティー人気の理由の記事にコメントを

2018-12-16T20:00:36.jpg2018-12-16T20:00:36.jpg今朝12/16(日)の東京新聞の朝刊の〈有料動画人気 オリジナル続々〉と題した記事で、アマゾンプライムなどでオリジナルのお笑いバラエティー番組が増えていることについての私、西条昇のコメントが掲載されています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」三葉興業のページ

2018-12-16T11:30:38.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の三葉興業のページ。
〈ベッドの女王 ベッドショウ〉丘ひろみ、〈セクシーベッドショウ〉柳トモエはストリップ劇場にも出ていたのかな。
〈チェアー・ヌーディストショウ 落書きショウ〉白木洋子は客にボディ・ペインティングをさせたのか。
〈歌とキャンドルブルーボーイショウ〉ジーナ青山、キレイだね。
〈日舞ヌードショウ〉小桜しじみは〈花魁ショウ〉〈コミックショウ〉とレパートリーが幅広い。
他に、〈パペットショウ〉東京マリオネット、〈ジャグラ〉鏡味小長、〈ジョーク・ワンマンバンド〉泉ひろしらの男性陣も。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」矢崎芸能のページ

2018-12-16T11:14:14.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の矢崎芸能のページ。
タレントは〈歌謡声帯模写〉白山雅一先生、〈声のスタイルブック〉桜井長一郎先生、東京二・京太師匠。
懐かしいな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」大津プロダクションのページ

2018-12-15T22:42:04.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の大津プロダクションのページ。
タレントは、魅惑の日舞ショー(2P)の美雪と美登利、〈世界のアイドル〉坊屋三郎先生、〈浪曲アテレコマイム〉スタコラ小泉など。
たけしさんのオールナイトニッポン初期に、ホラッチョ宮崎とか笑える芸名の芸人をネタのしたコーナーで、たけしさんがスタコラ小泉の名前も挙げてたっけ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の東京喜劇史コレクション】昭和13年の日劇でのエノケン東宝入社第一回出演公演パンフ

2018-12-15T22:21:35.jpg2018-12-15T22:21:35.jpg手元にある、昭和13年6月の日劇でのエノケン東宝入社第一回出演「エノケンの突貫サーカス」の公演プログラム。
それまでは浅草の松竹座をホームグラウンドにしつつ、映画はP.C.L.(東宝の前身)~東宝の作品に出演してきたエノケンだが、遂に舞台に関しても松竹を離れて東宝の所属となり、東宝傘下の丸の内の劇場に出演することに。
浅草でライバル的存在に浮上した古川ロッパがいち早く浅草から東宝の丸の内の劇場街に移ってから約3年後のことだった。
丸の内の水に合ってインテリ層の観客にウケたロッパに対し、エノケンは浅草時代を上回る活躍を見せることはなかったと言われている。
浅草時代を支えた座付きのレヴュー作家の菊谷栄が前年に戦死し、一時はエノケンとともに二人座長的存在だった相棒役の二村定一が一座を抜けていたことも大きかったのだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和13年の日劇でのドイツ・レヴュー「ハイル・ヒットラア」公演パンフ

2018-12-15T20:22:27.jpg2018-12-15T20:22:27.jpg2018-12-15T20:22:27.jpg手元にある、昭和13年9月の日劇の公演プログラム。
実演は日劇ダンシングチームによるドイツ・レヴュー「ハイル・ヒットラア」である。
日劇ダンシングチームの女性ダンサーたちがドイツの軍服姿でハーケンクロイツの旗を掲げる写真が掲載されている。
これは、昭和11年に日独防共協定を締結していたナチス・ドイツの国家唯一の青少年団体「ヒトラーユーゲント」の昭和13年の訪日に合わせて上演されたものだ。どんなステージだったのだろう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和9年の日劇でのマーカス・ショウの公演パンフ

2018-12-15T17:28:56.jpg2018-12-15T17:28:56.jpg手元にある、昭和9年(1934)3月の日劇での「マーカス・ショウ」の公演プログラム。
表紙は当時の日劇の空撮写真である。
こうして見ると、当時の日劇が「陸の龍宮」と言われたというのも納得だな。
吉本興行部の林弘高の招聘・プロデュースにより来日したマーカス・ショウはこの週で日劇での公演を終え、大阪の新歌舞伎座での公演を行っている。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | -