So-net無料ブログ作成

【西条昇の浅草見世物コレクション】浅草・奥山での清の大巨人を見せる興行の引き札 [エンタメ]

江戸後期〜明治初期に浅草・奥山での身の丈九尺の巨人を見せる興行の引き札。
詳細は不明だが、中央の大男や手前の子ども(?)の服装からして、出演者は当時の清から来た人たちだったようだ。
大きな手形が描かれており、この大男が興行の売り物だったことが分かる。
九尺と言えば、約273㎝になるから、いくらなんでも、かなり「盛った」数字だったに違いない。
日本では、大男を相撲の興行の中に取り込んで見せる伝統があり、明石、生月、大空、釈迦ヶ嶽などの巨人力士がいたが、この清の大男は興行の中でどんなことをしたのだろう。
140820_123024.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0