So-net無料ブログ作成

【西条昇の神楽坂文学散歩】泉鏡花の愛した軽子坂の料亭「うを徳」 [神楽坂]

神楽坂と並行する軽子坂を登りきったところにある明治初期創業の料亭「うを徳」。
ここは尾崎紅葉や泉鏡花に愛された店として知られ、鏡花の小説「婦系図」に登場する魚屋「めの惣」のモデルは「うを徳」の初代・萩原徳次郎氏だという。
また、鏡花は大正九年三月に「うを徳」の新築開店披露の祝辞を書いている。
2018-01-30T12:44:35.jpg2018-01-30T12:44:35.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。