So-net無料ブログ作成

【西条昇の70年代アイドル論】桜田淳子について [アイドル]

昭和50年11月発売の「ゆれてる私」(作詞 阿久悠、作曲 森田公一)を〝秋田編〟として秋田訛りで歌う桜田淳子。
こういうコミカルなことも上手くこなせるのが淳子ちゃんの魅力であった。
合同結婚式後の活動休止がなければ、ミュージカル女優やコメディエンヌとして更に活躍していた筈だ。
3月27日に銀座博品館劇場で開催された「"マイ・アイドロジー"スペシャル~ありがとうのかわりに」も行きたかったな。
今はTVで淳子ちゃんの曲が放送される機会も少ないが、アイドル・ポップス史に残る名曲の数々は歌い継がれ語り継がれていってもらいたいと思う。
https://youtu.be/k4h0Y-Ac3YE
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。