So-net無料ブログ作成

【西条昇の昭和芸能史研究】TBSの水曜劇場と芸映プロダクションの関係とは [テレビ]

TBSの久世光彦が演出・プロデュースを手掛けた「時間ですよ」シリーズ、「寺内貫太郎一家」シリーズ、「ムー」シリーズなどの水曜劇場の主要出演者にプロダクション「芸映」の所属タレントが多かったことについては前に書いた。
しかし、調べてみると、久世さんの作品リストの中にない水曜劇場作品にも同様のことが言えることが分かった。
例えば、昭和50年11月から翌年5月までTBSの水曜劇場枠で放送された森光子・主演の「花吹雪はしご一家」は鴨下信一の名前が演出・プロデュースのトップにあるが、西城秀樹、浅田美代子、左とん平という芸映勢に加えて、やはり芸映所属の相本久美子が秀樹の妹役で出演し、劇中で「初夏景色」を歌っていた。
ちなみに、かつて芸映プロダクションはTBSの正面にあったビルに入っていたのだ。
同時期にホリプロが大映テレビと深い関係を作り、山口百恵の〝赤い〟シリーズから堀ちえみの「スチュワーデス物語」まで多くの作品を生み出したのも同様の手法だったと言えるだろう。
2018-05-21T03:32:59.jpg2018-05-21T03:32:59.jpg2018-05-21T03:32:59.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。