So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【西条昇の70年代アイドル史研究】フィンガー5が出演のちびっ子テープレコーダーの広告 [アイドル]

70年代半ばのナショナルの〝ちびっ子テープレコーダ〟スナッピーの広告。
あったなあ、こういうの。13800円は当時で言えばかなりの高価と言えるだろう。
商品キャラクターは当時、人気絶頂のフィンガー5である。
その頃の僕は彼らの大ファンで、ファンクラブにも入っていたし、日劇で生のフィンガー5を良く観ていた。
いまだに、彼らの「個人授業」「恋のダイヤル6700」「学園天国」「恋のアメリカン・フットボール」「恋の大予言」「上級生」「恋の研究」「華麗なうわさ」「バンプ天国」「ぼくらのパパは空手の先生」「101人ガールフレンド」「やきもちボーイ」などは、晃や正男や妙子の歌い方を真似したりしつつフルコーラス歌うことが出来る。
阿久悠さんの歌詞も最高だね。
2018-06-13T14:48:57.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。