So-net無料ブログ作成

【西条昇の上方喜劇史コレクション】昭和35年の松竹新喜劇の京都・南座公演のプログラム [喜劇]

手元にある、昭和35年1月の京都・南座での松竹新喜劇の公演プログラム。
渋谷天外(二代目)、曽我廼家明蝶、曽我廼家五郎八、石河薫が中心。天外と共に松竹家庭劇、松竹新喜劇を支えてきた曽我廼家十吾は同31年に退団し、翌32年に第2次 松竹家庭劇を旗揚げ。
同34年にスタートしたテレビ番組「天外の親バカ子バカ」で藤山寛美が全国区の人気スターとなっていた。20180721_083027.jpg20180721_083113.jpg20180721_083146.jpg20180721_083130.jpg20180721_083050.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。