So-net無料ブログ作成

【西条昇のピンク実演芝居コレクション】昭和43年の渋谷と池袋の地球座の新聞広告

2019-01-12T19:41:22.jpg入手した昭和40年代の成人映画の新聞広告を貼ったスクラップ・ノートより。
渋谷地球座と銀座地球座で昭和43年(1968)2月27日に公開のピンク女優の実演と映画4本立ての新聞広告。
当時は、ピンク映画の上映と共にピンク女優の出演する3~4景の芝居を上演する形式が流行っており、〈ピンク実演〉〈ピンク劇場〉などと称されていた。
この時の演目は、「帰ってきたヨッパライより 恍惚泥棒極意伝」全3景で、出演者は祝真理、谷ナオミ、北海熊、玄海灘。
北海熊は、のちのコント・レオナルドのレオナルド熊さんの当時の芸名である。
玄海灘は、語呂から考えて、熊さんの当時の相方だろうか。
実演時間は、渋谷地球座が12:40と17:30、銀座地球座が14:00と19:30。ということは1日のうちに渋谷と銀座の間を1.5往復していたことになる。しかも、3月2日の土曜は両館とも実演もオールナイト。大変だな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。