So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【西条昇の浅草 映画史コレクション】大正2年の金龍館の創業2周年記念絵葉書2種類 [浅草六区]

手元にある、大正2年(1913)3月に創業二週年を紀念した浅草・金龍館の興行プログラムの絵葉書2種類。
金龍館は常盤座の隣に明治44年(1911)開場し、同年公開のフランス映画「ジゴマ」が大ヒット。以来、映画会社の福宝堂~同社を含む四社合併で誕生した日活のフラッグシップ館となっていたが、この絵葉書の興行の前月に日活のフラックシップを離れている。
2枚の絵葉書を比べてみると、同じイタリア映画「ライフ」の一場面を描いていながら、デザインやイラストのタッチが微妙に異なっている。
プログラム内容では「臆病なる証人」「スヰツル、リギ高峰の旅行」「慾の皮」「田宮坊太郎」の上映は共通するが、下の物には更に新派悲劇「想夫憐」全八場と記載されており、映画の合間に芝居の実演が行われたようだ。
上の物は3月21日とあるが、下の物には3月とだけ書かれていることから、前週か翌週の物だったのかもしれない。
2018-06-30T19:04:21.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和9年の松竹座でのエノケン一座のマッチラベル広告 [軽演劇]

エノケンの國定忠次。昭和9年7月の浅草・松竹座の二の替わりのマッチラベル広告。〈本水使用 雨中の大殺陣〉。今の季節にタイムスリップして見に行きたいな。菊谷栄・作「夏のデカメロン」も続演。
2018-06-30T15:24:32.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草 映画史コレクション】大正4年の遊楽館での尾上松之助の映画「蒲生三勇士」プログラム [浅草六区]

手元にある、大正4年(1915)の浅草・遊楽館での〝目玉の松ちゃん〟こと尾上松之助・主演「蒲生三勇士」(日活京都)プログラム。
蒲生三勇士とは、〈忍術豪傑 雷名天下に轟く〉村雨雷太郎、〈古今の怪力 龍蛇退治の〉荒波龍之助、〈蟻の眼も逃さぬ手利剣の名人〉天津小源太のことだ。
この映画が尾上松之助の主演であることは間違いないのだが、いつもは有る〈尾上松之助劇〉との記載がないのはどうしたことか。
実演は、都櫻水一派による旧劇「材木町噂の聞書」と新派喜劇「日本晴」。
都櫻水は十二階演芸場で人気を博した後、遊楽館に移ってきていた。
2018-06-30T10:18:22.jpg2018-06-30T10:18:22.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の吉本レヴュー史コレクション】昭和14年の名古屋ヨシモト・ショウと北京舞楽院の合同公演のプログラム [吉本]

手元にある、昭和14年4月の吉本直営の名古屋劇場での名古屋ヨシモト・ショウと北京舞楽院との合同公演のパンフ。
〈興亜建設の春に捧ぐ〉とか〈新大陸の曙をひらく変転多彩の東洋讃歌!〉とか〈大陸芸術の紹介につとめる吉本名劇が朝鮮楽劇団につづいて新世紀の朗春に捧げる興亜絵巻第二弾!〉とかの惹句が良いね。
さすが吉本。観てみたかったな。
2018-06-30T03:57:17.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草芸能史コレクション】国際劇場でのルイ・アームストロング公演のプログラム [浅草六区]

サッチモ in 浅草!
手元にある、昭和28年12月の浅草・国際劇場でのルイ・アームストロング オール・スターズ日本初公演のチラシ。
浅草とJAZZの結びつきも意外に深いのだ。
サッチモはこの公演中に、国際劇場の楽屋裏口近くの「とんかつ 河金」の〝元祖カツカレー〟とも言うべき河金丼を大変気に入り、帰国後に感謝の手紙を送ってきたとのことだ。
2018-06-29T23:52:27.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草食べ歩き】旧オペラ館裏の翁そばへ [浅草グルメ]

今日は大学で2限の「エンタメ論Ⅰ」、午後の演習実習を終えた後、浅草へ寄って、旧オペラ館裏の翁そばで、カレー南蛮そばのルー別の玉落としを。
翁そばはクーラーが故障中ということで、のれんを出さずに入口の戸を開けっ放しにしていたが、いつもと変わらずにお客さんが入っていた。
2018-06-29T19:10:56.jpg2018-06-29T19:10:56.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草芸能史コレクション】昭和10年代の金龍館の三座合同競演大会のプログラム [浅草六区]

手元にある、昭和10年代後半の浅草・金龍館での三座合同競艶大会のパンフ。
剣劇系の伏見澄子一座、中野かほる一座、〈ドサのエノケン〉こと和田君示一座、さらに松旭斎天華一行の出演。
次週予告の「朝鮮楽劇団」の〈大陸きっての人気者揃ひ笑ひと歌と踊りの大楽劇団〉〈天下大将軍〉との惹句やイラストも良いね。
「弥次喜多スパイ戦線を撃つ」とか、面白そう。
2018-06-29T18:50:01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草ロック座コレクション】昭和23年にサトウハチローが浅草ロック座について書いた記事 [ストリップ]

手元にある、「週刊 浅草街」昭和23年5月25日号。
「浅草はみんなの浅草である」と題した詩人のサトウハチローの文章が掲載されている。
のちに「アジャパー」で売れる喜劇俳優の伴淳三郎と漫才師からピンで活動していたラッキーセブンの二人が凸凹(ブキウギ)バッテリーというコンビを組んで浅草ロック座での常打ち公演をスタートさせるにあたっての祝辞とも推薦文とも取れる内容の文章である。
サトウハチローはブレーン的な立場で当時のロック座の公演に関わることになる。
2018-06-29T09:25:49.jpg

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草六区コレクション】115年前の浅草六区でのイルミネーション・イベントの広告 [浅草六区]

今から115年前の1903年(明治36年)の9月に浅草公園六区の瓢箪池畔で開催されたイルミネーション・イベントの新聞広告。
現在もクリスマスが近くなると、あちこちでイルミネーションを売りにしたイベントが行われるが、芸能や興行の聖地である浅草六区では110年前から毎夜千個以上の電球を点火させる同様のイベントが行われていたのだ。
「見落す勿れ 後にて残念を云ふ勿れ 空前の壮観たる(博覧會夜景)に優る ゼム、イルミ子ーシヨン 浅草公園池畔にて毎夜電球千余個點火し大高評なるにより十六七日の二日間特に日延す 来観あれあれ」との大時代な宣伝コピーがいかにも楽しげで、当時の人達はさぞかしワクワクしたことだろう。
当時の十二階(凌雲閣)が現在のスカイツリーと同様のランドマークタワー的な役割を果たしていたり、いつの時代も人間が楽しめるものの本質は変わらないし、夢の王国であった浅草六区では面白いことや楽しいことが次々と生み出されていたのが分かる。
2018-06-29T01:34:25.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草ストリップ史コレクション】昭和23年の旬刊 浅草街のストリップ記事 [ストリップ]

手元にある、「旬刊 浅草街」昭和23年3月中旬号。
〈さらばハダカよ…また見る日まで〉。
裸は来月から罷り成らぬとのお達しがあったようだが、実際は翌月以降もストリップ旋風が浅草に吹き荒れていく。
浅草ロック座での帝都座ショーの名画アルバム「額縁ショー」の写真も載っている。
2018-06-28T23:06:02.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog