So-net無料ブログ作成

【西条昇の女子プロレス史コレクション】〝日本の女子プロレスラー第1号〟猪狩定子の昭和30年の記事

2019-01-11T22:05:05.jpg2019-01-11T22:05:05.jpg2019-01-11T22:05:05.jpg手元にある、昭和30年3月発行の〝あなたのポケット誌〟「とぴっく」No.2の「とぴっく漫歩」というページでは、〝女子レスリング倶楽部をのぞく〟と題して日本の女子プロレスラー第1号である猪狩定子の似顔絵入りで、その練習風景などがレポートされている。
本来は定子の一番上の兄でボードビリアンのパン猪狩が仕掛人の筈だが、ここではパンの弟でのちに東京コミックショウを結成するショパン猪狩が仕掛人として紹介されているのが興味深い。

nice!(2)  コメント(0)