So-net無料ブログ作成

【西条昇の浅草芸能史コレクション】国際劇場でのサッチモの公演チラシ

2019-06-29T20:35:13.jpgサッチモ in 浅草!
手元にある、昭和28年12月の浅草・国際劇場でのルイ・アームストロング オール・スターズ日本初公演のチラシ。
浅草とJAZZの結びつきも意外に深いのだ。
サッチモは当時、国際劇場近くにあった河金が随分と気に入って、帰国後に手紙を送ったとか。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史コレクション】昭和29年の国際女子プロレス試合の様子を伝える毎日グラフの記事

2019-06-27T17:51:30.jpg手元にある、昭和29年(1954)11月に蔵前国技館で開催された初代WWWA世界シングル王者ミルドレッド・バークらの国際女子プロレス試合の様子を伝える「毎日グラフ」の記事〝テモ 凄まじき!〟。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のヌード・レヴュー史コレクション】昭和31年のOSミュージックのパンフ

2019-06-27T17:32:09.jpg手元にある、昭和31年(1956)8月の大阪・OSミュージックのグランド・ゲイ・ヌード・フォーリーズ「YOU CAN'T FOOL A WOMAN」(女は騙せない そうかしら)全22景のパンフ。
出演はトニー谷、立原博、三浦策郎、邦ルイズ、K・水町、三冬まりら。
表紙イラストとデザインも良いね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史コレクション】昭和29年の国際女子プロレス試合の実況映画「紅の激闘」ポスター

2019-06-27T15:22:02.jpg女子プロレス史コレクション。
手元にある、映画「紅の激闘 世界女子プロレスリング」(松竹配給、伊勢プロ製作)のポスター。
昭和29年(1954)11月に蔵前国技館で開催された初代WWWA世界シングル王者ミルドレッド・バークらの国際女子プロレス試合を撮影したもののようだ。このフィルム、残ってないかな。
〈美女の肉体が火を吐く凄艶の実況映画!!〉。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史コレクション】日本女子プロレスの世界選手権試合のチケット

2019-06-27T10:50:47.jpg手元にある、日本女子プロレスによる女子プロレス世界選手権試合のチケット。
小畑千代、佐倉輝美、ファビュラス・ムーラらが出場。
小畑がムーラの持つIWWA世界女子王座に挑戦した時のものか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の女子プロレス史コレクション】昭和50年の全日本女子プロレスの御優待券

2019-06-27T10:05:04.jpg2019-06-27T10:05:04.jpg手元にある、昭和50年(1975)の全日本女子プロレスの御優待券。
「花を咲かそう」でレコード・デビューした〈歌う美人レスラー〉マッハ文朱の全身写真が掲載され、裏面にはマッハによるレコード宣伝の挨拶文も。
プリティ・アトム、ミスター・ポーン、隼大五郎、天草海坊主らのミゼット・レスラーも出場。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和21年の日劇ステージ・ショーのプログラム

2019-06-26T22:28:41.jpg2019-06-26T22:28:41.jpg手元にある、昭和21年9月の日劇のステージ・ショー「ハワイの花」公演のパンフ。
敗戦からわずか1年後、この須田圭子のビキニ姿の表紙は相当なインパクトがあったに違いない。
出演は灰田勝彦、戦前に宝塚歌劇団で活躍した小夜福子と橘薫、漫才の内海突破・並木一路、東宝舞踊隊(日劇ダンシングチーム)など。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】週刊新潮のゆりやん全米進出の記事にコメント掲載

「週刊新潮」6月27日号の記事「ゆりやんレトリィバァが米人気オーディション番組に爪痕を残せた理由」に私、西条昇のコメントが掲載されました。

ゆりやんレトリィバァが米人気オーディション番組に爪痕を残せた理由 | デイリー新潮 https://www.dailyshincho.jp/article/2019/06251550/?all=1
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇コレクション】エノケン一座で使用された譜面

2019-06-26T21:40:11.jpg2019-06-26T21:40:11.jpg2019-06-26T21:40:11.jpg手元にある、昭和10年10月の浅草・松竹座でのピエル・ブリアント榎本健一一座による音楽喜劇「大学漫才」(大町龍夫・作)の二村定一用の「追分」の手書きの譜面と同公演のパンフ。
譜面は右隅に榎本健一・一座、右下にピエル・ブリアントと印刷されている。
パンフを見ると、第四景「北海の唄」で歌われたようだ。
榎本健一、二村定一に、デコミツこと宏川光子が出ている。
作・編曲は池譲と津田純である。
他にも当時のエノケン一座や二村用の譜面が何種類か手元にある。
これを実際に演奏と歌で再現してみるのも面白いな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇メディア掲載情報】今朝のサンスポの甘口辛口欄にコメント掲載

2019-06-26T10:30:47.jpg2019-06-26T10:30:47.jpg今朝のサンスポの甘口辛口欄に闇営業問題についての私、西条昇のコメントが掲載されました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog