So-net無料ブログ作成

【西条昇の浅草無料イベント情報】本日10日の15時~カジノ・フォーリー誕生90周年記念「浅草エノケン出世街道ウォーキング」開催

2019-07-10T07:55:25.jpg2019-07-10T07:55:25.jpg2019-07-10T07:55:25.jpg本日10日の15時~四万六千日様のほうずき市のお帰りに、ぜひ、ご参加ください。

☆カジノ・フォーリー誕生90周年記念
「浅草エノケン出世街道ウォーキング」(解説・ガイド 西条昇)2019年7月10日(水)15時~開催のお知らせ

来る2019年7月10日は、浅草・水族館2階の余興場で日本初のレヴュー喜劇団「カジノ・フォーリー」が旗揚げされて、ちょうど90周年を迎える日です。
昭和4年(1929)7月10日に浅草オペラ出身の石田守衛を座長に旗揚げされた第一次「カジノ・フォーリー」は、パリのレヴュー劇場「カジノ・ド・パリ」と「フォリー・ベルジュール」から名付けられ、のちの喜劇王エノケンこと榎本健一が助っ人として参加。わずか2ヶ月で解散するも、同年10月にはエノケンを座長とした第二次「カジノ・フォーリー」がスタート。同年12月に朝日新聞で連載開始された川端康成の小説「浅草紅団」に水族館2階のカジノ・フォーリーの舞台の様子が描かれ、一躍、人気を集めました。
ここから、浅草六区にはカジノ・フォーリーの影響を受けたレヴュー喜劇団が続々と誕生。ジャズソングや当時十代の少女たちによるダンス、エノケンらのドダバタ・ギャグなどを取り入れたカジノ・フォーリー式のレヴュー喜劇は、曽我廼家式の人情喜劇一辺倒だった日本の喜劇を大きく変えました。
エノケンは、昭和5年7月にカジノを脱退して、観音劇場で「新カジノ・フォーリー」を旗揚げ。その後、同年11月に玉木座「プペ・ダンサント」に参加、翌6年にはオペラ館で「ピエル・ブリヤント」を旗揚げ。常盤座、金龍館を経て、当時、浅草六区で最も大きな劇場だった松竹座に進出します。
昭和2年に日本初のレヴュー公演「モン・パリ」を上演した宝塚歌劇団では、これまでモン・パリ誕生50周年、60周年、70周年、90周年などの記念公演を行ってきましたが、カジノ・フォーリーや浅草レヴューの誕生を記念するイベントは開かれたことがありませんでした。
そこで、今回、90年前にカジノ・フォーリーが旗揚げされた記念日である7月10日の15時から、「カジノ・フォーリー誕生90周年記念 浅草エノケン出世街道ウォーキング」を開催することになりました。
同日15時に、浅草・奥山おまいりまちの奥山門(公衆トイレ横)に集合。参加費無料。予約不要。雨天決行。
50~60分かけて、カジノ・フォーリーが旗揚げされた水族館跡から始まり、観音劇場、オペラ館、常盤座、金龍館、松竹座などのエノケンが出演した劇場跡を、私、西条昇が当時のプログラムなどの秘蔵資料を公開して解説しながら歩きます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ジャニー喜多川さんのご冥福をお祈り致します

2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg2019-07-10T07:54:44.jpg先ほどジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が亡くなられたことを知りました。
私は、フォーリーブス以来、物心がついた頃から日劇や国際劇場でジャニーズのアイドルたちのステージを見て育ち、それがのちにアイドル史の研究をするきっかけになりました。
2000年にジャニーさん作・演出の「SHOCK」が初めて帝国劇場で上演された際は、それを見て、ある新聞に当時連載していたコラムに「日本のミュージカルやレヴュー、ショーの演出家の中でジャニーさんほど多くの楽しい引き出しを持った方はいないのではないか」といったことを書いたところ、その記事を切り抜いてジャニーさんに届けてくれた方(名優 志村喬さんの未亡人)がいたとのことで、直接、ジャニーさんから数ヶ月後の再演時にご招待して頂き、「いつも素晴らしい批評、ありがとうございます」とおっしゃって頂きました。
以来、現在に至るまでの19年間、ジャニーさんが演出される東京での舞台は必ずご招待して頂くようになり、年間7
~9本くらいのペースでジャニーさんの作られた舞台を観続けてきました。
滅多に受けられないインタビュー取材を私が聞き手・構成ということでお受け頂き、お若い頃にアメリカで観て影響を受けたエンターティナーたちの話から、笠置シヅ子さんや美空ひばりさんのこと、舞台演出などについてお話し頂いた記事が演劇雑誌「シアターガイド」に掲載されたこともありました。
公演後の楽屋や携帯電話でジャニーさんと話す時は、昭和の大歌手たちの話やラスベガスのショーの話などで盛り上がったものでした。
6年前に私の父親が亡くなった際は〈株式会社ジャニーズ事務所代表取締役社長 喜多川ジャニー〉というお名前でお話も頂きました。
ジャニーさんという方がいらしたからこそ、日本の男性アイドルが成立したことは間違いありません。
心よりご冥福をお祈り致します。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog