So-net無料ブログ作成

【西条昇の浅草芸能史研究】カジノ・フォーリー誕生90周年記念イベント開催しました

2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg2019-07-12T06:13:06.jpg浅草・水族館2階の余興場で1929年7月10日に日本初のレヴュー喜劇団「カジノ・フォーリー」が旗揚げされて、ちょうど90周年を迎えたのを記念して、おとといの2019年7月10日に、「カジノ・フォーリー誕生90周年記念 浅草エノケン出世街道ウォーキング」を開催しました。
昭和2年に日本初のレヴュー公演「モン・パリ」を上演した宝塚歌劇団では、これまでモン・パリ誕生50周年、60周年、70周年、90周年などの記念公演を行ってきましたが、カジノ・フォーリーや浅草レヴューの誕生を記念するイベントは開かれたことがありませんでした。これはおかしい…、その後の日本の芸能史に与えた影響では、エノケンを生み出したカジノ・フォーリー誕生はモン・パリ誕生と同様に語り継がれていくべきではないかという思いから、急遽開催したものです。
約60分かけて、カジノ・フォーリーが旗揚げされた水族館跡から始まり、観音劇場、オペラ館、常盤座、金龍館、松竹座などのエノケンが出演した劇場跡を、私、西条昇が当時のプログラムなどの秘蔵資料を公開して解説しながら歩きました。
カジノフォーリーが誕生した水族館跡の建物の前にある解説プレートが駐輪禁止プレートにふさがれて見えない状態になっていたのが寂しかったなあ。
東京新聞のしたまち支局の方の同行取材も入り、近日中に記事にして頂けるとか。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog