So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【西条昇のお笑いエンタメ日記】今年1月の水道橋博士のツイート [お笑い]

ついさっき気がついたが、今年1月に水道橋博士が僕の名前を出して、こんなツイートをしていたんだな。

水道橋博士(小野正芳) (@s_hakase)さんが1:02 午前 on 日, 1月 28, 2018にツイートしました。
お笑いの『正史』を語るなら1997年創刊の雑誌『AJYAPA!』での爆笑問題との対立も語って欲しい。どちらが挑発していたのか?編集長だった西条さんも困り果てたと思う……。 https://t.co/LyMnGF9pHa
(https://twitter.com/s_hakase/status/957282755154333697?s=09)

Twitter公式アプリをダウンロードhttps://twitter.com/download?s=13
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のエンタメ日記】今年のゆうもあ大賞受賞者は [お笑い]

2018-12-05T22:25:51.jpg2018-12-05T22:25:51.jpg2018-12-05T22:25:51.jpg2018-12-05T22:25:51.jpg2018-12-05T22:25:51.jpg2018-12-05T22:25:51.jpg2018-12-05T22:25:51.jpg今年の「ゆうもあ大賞」を受賞されたのは、戸田恵子さん、王貞治さん、舘ひろしさんのお三方でした。
ゆうもあくらぶの山東昭子会長からトロフィーと賞状が、大村崑理事長からは副賞の〝金の耳かき〟が授与されました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のエンタメ日記】ゆうもあ大賞 授賞式パーティーへ [お笑い]

2018-12-05T22:05:55.jpg2018-12-05T22:05:55.jpg2018-12-05T22:05:55.jpg2018-12-05T22:05:55.jpg2018-12-05T22:05:55.jpg2018-12-05T22:05:55.jpg今日は、「ゆうもあくらぶ」の理事長も務められる大村崑さんからご招待頂き、3日に奥様の御葬儀を終えられたばかりのTVプロデューサーの澤田隆治さんと一緒に、ホテルニューオータニ 芙蓉の間で開催された「平成30年度 ゆうもあ大賞 授賞式 パーティー」へ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のキャバレー史コレクション】浅草の名物男「捕鯨船」大将の河野さんの青春コンビ時代の写真 [お笑い]

2018-12-03T22:06:23.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号のベスト・プロジェクトのページで、現在の〝浅草の名物男〟「捕鯨船」の大将の河野通夫さんの〝青春コンビ〟時代の写真を発見!
左上の写真の右側の人物が若き日の河野さんだ。
青春コンビは浅草松竹演劇場の舞台から空いている客席の背もたれの上に飛び移って一回りしてから舞台に戻ってきたりしていたと聞いたことがある。
他の所属は底抜けグルーチョとマカロニ・パンチョで、底抜けグルーチョの渡辺雄作さんはこの後、市川太平さんと組んだ「コント太平洋」でテレビ進出を果たした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のキャバレー史コレクション】業界専門誌「ショウ イン ジャパン」ツービート在籍時の吉川事務所のページ [お笑い]

2018-12-02T23:39:04.jpg手元にある、全国のキャバレーにフロア・ショーのタレントを宣伝するための業界専門誌「ショウ イン ジャパン」1975年11・12月号の吉川事務所のページにはツービートの写真が。
太田プロダクションに入る前は吉川事務所の所属だったのだ。
他にコミックマジックの伊藤一葉、星企画と業務提携の先代・三遊亭円楽、モノマネのはたけんじ(預り)らの写真が掲載されている。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の芸能史コレクション】江東劇場での「ダイヤモンド・ジャズ・パレード」公演パンフ [お笑い]

2018-12-02T11:10:05.jpg2018-12-02T11:10:05.jpg2018-12-02T11:10:05.jpg手元にある、江東劇場でのフランキー堺とシティ・スリッカーズが出演の「ダイヤモンド・ジャズ・パレード」の公演パンフ。
〈和製スパイク・ジョーンズ〉と言われた冗談音楽バンドであるフランキー堺とシティ・スリッカーズには、ギター 植木等、トロンボーン 谷啓(ここでは谷敬の表記)、ピアノ 桜井センリ(ここでは桜井千里の表記)など、のちのハナ肇とクレージーキャッツのメンバーが在籍していた。
もしも、この後、リーダーでドラマーのフランキー堺が単独の喜劇俳優として日活に引き抜かれていなければ、1960年代のクレージーキャッツ全盛時代は来ていなかったのではないか。
他に、小野満とフォアーブラザーズ、ナンシー梅木、柳沢真一、中村メイコ、司会のE・H・エリックらが出演。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和54年の松竹演芸場での東八郎お笑い生活25周年記念公演プログラム③ [お笑い]

手元にある、昭和54年10月の浅草 松竹演芸場での東八郎お笑い生活25周年特別公演のプログラムより。
第一部 爆笑ヒットパレードの出演者陣は、ツービート、青空球児・好児、セント・ルイス、玉川カルテット、はたけんじ、若人あきら、のちにコント・レオナルドとなるラッキーパンチ、橋達也と笑いの園ら。
当時の東京の演芸陣のベストメンバーと言ってもいいだろう。
クイン号の現・すず風金魚さんも、笑いの園メンバーだった現・浅草お笑い21世紀の大上こうじ座長も、若いね。20181021_001135.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇の浅草演芸史コレクション】昭和42年頃のコント55号が出演の浅草松竹演芸場プログラム [お笑い]

手元にある、コント55号(萩本欽一、坂上二郎)が出演の昭和42年(1967)頃の浅草松竹演芸場の7月公演プログラム。
コント55号は〝コント 5・5・号〟の表記で、〈世の若者海でも山でもゴーゴー踊りに浮かれてる。ゴーゴーは溢れるエネルギーのはけどころ。僕ら萩本欽一と坂上二郎の張切りコンビが舞台一ぱいにコントのゴーゴーでハネまわり皆様のお腹の底からお笑いをふりしぼります。〉との紹介文が掲載されている。
デン助劇団の芝居には、現在のくじら屋の捕鯨舩の大将の河野通夫さんが魚屋の店員 徳松役で出演。20181019_215355.jpg20181019_215348.jpg20181019_215406.jpg20181019_215352.jpg20181019_215410.jpg20181019_215417.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇のドリフターズ史研究】坂本九や井上ひろし在籍時のドリフターズの写真 [お笑い]

昭和33年(1958)頃の「井上ひろしとドリフターズ」の写真。
ギターの岸部清は前身の「サンズ・オブ・ドリフターズ」からのリーダーで、その頃は山下敬二郎も在籍。
岸部は脱退後にマネージャーに転身し、のちに第一プロダクションの社長となる。
ボーカルの井上ひろしは、水原弘、守屋浩と共に〈ロカビリー三人ひろし〉と言われ、ソロ歌手に転じて「雨に咲く花」がヒット。
同じくボーカルの坂本九は「ダニー飯田とパラダイスキング」に移籍してスターの仲間入りを果たしている。
ボーカルの桜井輝夫は岸部の脱退後もドリフターズに残ってリーダーとなり、その時代に、いかりや長介と加藤茶が加入。
やがて、いかりやと衝突した小野ヤスシ、ジャイアント吉田らが脱退して「ドンキーカルテット」を結成。
残ったいかりやと加藤に、荒井注、仲本工事、高木ブーが加わり、桜井はオーナー的な立場を経て身を引いたことで、いかりやをリーダーとしたドリフターズがスタートした。
〈ドリフに歴史あり〉だね。20181018_101108.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇の昔の仕事シリーズ】谷啓さん清水ミチコさん小倉久寛さんとの「見るがいいわ」収録時のスナップ写真 [お笑い]

僕が構成をしていた日テレの深夜番組「ミチコ・オグラの見るがいいわ」収録時のスナップ。
左から、小倉久寛さん、滝本淳助さん、谷啓さん、清水ミチコさん、僕。
谷啓さんの鞍馬天狗のガチョーンのコントで、沖田総司の格好をしてハラホロヒレハレ!をしました。
この回では、他にギャングのコントに出たり、谷啓さんのバンドのスパイク・ジョーンズ風の音楽コントでサイレンを鳴らしながら走り回ったりもしたっけ。
懐かしいな。20181017_174822.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い