So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】菊田一夫 作・演出「浅草瓢箪池」公演パンフ [軽演劇]

2018-11-15T22:27:25.jpg2018-11-15T22:27:25.jpg2018-11-15T22:27:25.jpg2018-11-15T22:27:25.jpg手元にある、昭和38年3月の日比谷・芸術座での東宝現代劇陽春公演「浅草瓢箪池」のパンフ。
当時の東宝の演劇担当重役の菊田一夫の作・演出。
浅草六区のレヴュー軽演劇で劇作家生活をスタートさせた菊田の若き日を演じるのは、戦後の常盤座やフランス座などの浅草軽演劇で腕を磨いた八波むと志である。
他に、浜木綿子、益田喜頓、三遊亭圓生らが出演。
パンフの表紙には、諸口十九一座、新カジノフォーリー、プペ・ダンサント、ピエル・ブリヤント、笑の王国など浅草時代の菊田が文芸部に在籍した劇団名や菊田のデビュー作品「阿呆擬士銘々傳」の幟が描かれている。
中の頁にある、菊田の浅草入りのキッカケを作った師匠格で詩人のサトウ ハチローによる詩〈菊田一夫君に捧げる「瓢箪池のウタ」〉も、ハチローらしくて実に良いね。
アチャラカ喜劇「雲の上団五郎一座」、ブロードウェイ・ミュージカル「マイ・フェア・レディ」、それにこの「浅草瓢箪池」で、菊田率いる東宝演劇の中心的存在になった八波むと志だが、翌年1月に交通事故を起こし、37歳の若さで世を去っている。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和49年の東八郎お笑い生活20周年記念公演のパンフ③ [軽演劇]

2018-11-11T09:04:01.jpg2018-11-11T09:04:01.jpg手元にある、浅草松竹演芸場での東八郎お笑い生活20周年記念公演 お笑い浅草まつりのパンフ。
東八郎の芸能生活アルバム風のページでは、初代と二代目のトリオ・スカイラインのメンバーに青空球児の姿が。
球児はトリオ・スカイライン、ナンセンストリオ、トリオ・ザ・パンチの初期に在籍し、どのトリオも球児が脱退した途端に売れている。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和49年の東八郎お笑い生活20周年記念公演のパンフ② [軽演劇]

2018-11-10T20:04:54.jpg手元にある、昭和49年2月の浅草松竹演芸場での東八郎お笑い生活20周年記念公演 お笑い浅草まつりのパンフの演芸ゲスト陣のページ。
コミックバンドの藤井節とボギーベース、パーチクとのコンビを解散した晴乃ピーチク、漫才の春風こう太・ふく太、Wモアモア、冗談音楽のスリートーンズ、Wコミック(田口れんじと東とんぼの時代だ)、漫談のイエス玉川、すがぬま伸、コミックトロンボーンのボンサイト、コント笑バンク(右はのちのゆーとびあピース)など…。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和49年の東八郎お笑い生活20周年記念公演のパンフ [軽演劇]

2018-11-10T18:03:33.jpg2018-11-10T18:03:33.jpg手元にある、昭和49年2月の浅草松竹演芸場での東八郎お笑い生活20周年記念公演 お笑い浅草まつりのパンフ。
トリオ・ザ・パンチ、ナンセンストリオ、ギャグ・メッセンジャーズらが出演。
また、主役の東八郎、ゲストの小島三児、当時はナンセンストリオのメンバーになっていた原田健二と、かつてのトリオ・スカイラインのメンバーが勢揃いしていたことになる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】大宮敏光・主演映画の漫画化本「デン助の拳闘王」 [軽演劇]

2018-11-08T14:00:20.jpg2018-11-08T14:00:20.jpg2018-11-08T14:00:20.jpg手元にある、昭和33年(1958)公開の大宮敏光・主演映画「デン助の陽気な拳闘王」(東映)を「日の丸」(集英社)8月号の付録として漫画化した「デン助の拳闘王」(作・平川やすし)。
当時のデン助が、如何に広く親しまれ、人気があったかが良く分かる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和54年の松竹演芸場での東八郎お笑い生活25周年記念公演プログラム② [軽演劇]

手元にある、昭和54年10月の浅草 松竹演芸場での東八郎お笑い生活25周年特別公演のプログラム。
浅草ロック座時代の東八郎の先輩役者でビートたけしの師匠である深見千三郎が友情出演し、大衆演劇の沢竜二が特別出演という豪華メンバー。
第一部の爆笑ヒットパレードでは、ツービートの漫才や深見と東の幻の名作コントがあり、師弟が前後して同じ舞台に。
深見は第三部のマゲモノ喜劇「落ちこぼれ三度笠」にも親分役で出演。
この時の東さん深見さんのやり取りは死ぬほど面白かったなあ。20181020_213551.jpg20181020_213559.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和54年の松竹演芸場での東八郎お笑い生活25周年記念公演プログラム [軽演劇]

手元にある、昭和54年10月の浅草 松竹演芸場での東八郎お笑い生活25周年特別公演のプログラム。
これは僕が15歳の時に一人で見に行った時のものだ。
この時の東八郎さんは43歳だったんだなあ。20181020_211424.jpg20181020_211433.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇の喜劇史コレクション】渥美清、森川信、三崎千恵子が共演の昭和34年フジテレビ「セールスマン水滸伝」台本 [軽演劇]

手元にある、昭和34年(1959)のフジテレビのダイハツ・コメディー「セールスマン水滸伝」の台本。
のちの寅さんシリーズで共演する森川信(初代おいちゃん)、三崎千恵子(おばちゃん)、渥美清(寅さん)が揃って出演している。
映画「男はつらいよ」第一作が公開される10年前のことで、三人の息のあったやり取りは、この当時からのものだったのだ。
他に朝丘雪路、昔々亭桃太郎(金語楼の弟)、平凡太郎、谷村昌彦らが出演。
当時、渥美、平、谷村の三人は「ボケナス・トリオ」というTV用のトリオを組んでいたことも。20181013_121202.jpg20181013_121206.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草喜劇史コレクション】昭和23年の国際劇場での「エノケンのノートルダムのせむし男」スーベニアブック [軽演劇]

手元にある、昭和23年(1948)1月の浅草・国際劇場での「エノケンのノートルダムのせむし男」のスーベニアブック。
表紙イラストは落合登。共演は山根寿子。
裏表紙に〈浅草の皆様お久しぶりでございます〉とあるように、昭和13年に松竹から東宝に移り、浅草から日比谷に去ったエノケンにとって久々の浅草公演であった。20180930_221647.jpg20180930_221651.jpg20180930_221655.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の軽演劇史コレクション】昭和15年の大劇での「あきれたぼういず」出演「スピードショウ」プログラム [軽演劇]

手元にある、昭和15年(1940)6月の大劇(大阪劇場)での「第一回 スピードショウ」のプログラム。
出演は、前年に吉本興業から新興キネマ演芸部に移籍した「あきれたぼういず」(坊屋三郎、益田喜頓、芝利英、山茶花究)、千家松人形・博次。20180930_202144.jpg20180930_202154.jpg20180930_202216.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い