So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
浅草歌舞伎 ブログトップ
前の10件 | -

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】猿若町時代の明治期の市村座の絵本役割 [浅草歌舞伎]

2018-11-23T19:32:11.jpg2018-11-23T19:32:11.jpg手元にある、猿若町・市村座の明治15年(1882)10月と同20年(1887)6月の絵本役割。
市村座は明治25年に猿若町から下谷二長町(現在の台東区台東1丁目)に移転している。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】明治13~14年の猿若座の絵本役割 [浅草歌舞伎]

2018-11-21T09:15:21.jpg2018-11-21T09:15:21.jpg2018-11-21T09:15:21.jpg手元にある、明治13年(1880)1月と同14年(1881)4月の猿若町の猿若座の絵本役割。
この時期、中村座が猿若座と座名を改めていたのだ。
かん三郎座だった時期もある。
明治13年1月は團十郎、宗十郎ら、明治14年4月には左團次、芝翫、宗十郎らが出演している。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】1861年の猿若町・中村座の絵本番付 [浅草歌舞伎]

2018-11-18T19:06:15.jpg2018-11-18T19:06:15.jpg手元にある、猿若町・中村座の絵本番付。
一つは万延2年2月28日からのもの、もう一つは文久元年4月22日からのものだ。
万延2年も文久元年も西暦では同じ1861年であり、万延2年は2月18日までで翌19日から文久元年に年号が変わっているから、2月28日からのものは18日以前に書かれたのだろう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】幕末の錦絵「猿若三座豊饒宴芸穐」 [浅草歌舞伎]

2018-11-03T13:57:24.jpg手元にある、幕末の芳幾画の錦絵「猿若三座豊饒宴芸穐」。
当時の猿若町の三座に出演中の市川小団次、坂東三津五郎、中村福助、中村芝翫、市村羽左衛門、沢村田之助、尾上梅幸、片岡仁左衛門といった役者たちの似顔絵と評判が載っている。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】昭和13年の国際劇場での猿之助と訥子の彌次喜多道中記のマッチラベル [浅草歌舞伎]

手元にある、昭和13年(1938)8月の浅草・国際劇場での猿之助(二代目)と訥子(八代目)の彌次喜多道中記(昼 東海道中、夜 木曾街道)公演のマッチラベル。
イラストが可愛いね。20180926_215746.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】明治7年の猿若町 中村座の辻番付 [浅草歌舞伎]

手元にある、明治7年(1874)正月の猿若町 中村座の辻番付。
「契状虎の巻」(けいせいとらのまき)、「薮椿誰転寝」(やぶつばきたれところびね)、「浅緑露玉川」(あさみどりつゆのたまがわ) 。
出演は、中村勘三郎、中村仲蔵、坂東家橘ほか。20180916_180300.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】嘉永6年の猿若町 市村座の辻番付 [浅草歌舞伎]

手元にある、嘉永6年(1853)1月の猿若町 市村座の辻番付。
「里見八犬伝」(さとみはっけんでん)、「色湊宝入船」(いろのみなとたからのいりふね)、「仇結夢手枕」(あだむすびゆめのたまくら)。
出演は、吉三郎、源之助、福助、高助、粂三郎など。20180911_074614.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草 歌舞伎史コレクション】嘉永6年の猿若町 河原崎座の辻番付 [浅草歌舞伎]

手元にある、嘉永6年(1853)11月の猿若町 河原崎座の辻番付。
「鬼一法眼三略巻」(きいちほうげんさんりゃくのまき)、「容競出入湊」(すがたくらべでいりのみなと)、「姫小松子日の遊」(ひめこまつねのひのあそび)。
当時の河原崎座は森田座の控櫓として興行を続けていた。20180911_004549.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】 嘉永6年3月の猿若町 中村座の辻番付 [浅草歌舞伎]

手元にある、嘉永6年(1853)3月の猿若町 中村座での「花覣寎初役」(はなとみますやよいのはつやく)の辻番付。
この時の二番目狂言「与話情浮名の横ぐし」が好評だったため、同年5月に大幅な増補が行われ、「与話情浮名横櫛」の外題で上演されている。
出演は小團次、團十郎、勘三郎、梅幸、高麗蔵、鶴蔵など。20180910_221146.jpg20180910_221217.jpg20180910_221230.jpg20180910_221221.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草歌舞伎史コレクション】嘉永6年の猿若町 中村座での「与話情浮名横櫛」初演時の辻番付 [浅草歌舞伎]

手元にある、嘉永6年(1853)5月の猿若町 中村座での「与話情浮名横櫛」(三代目 瀬川如皐 作)初演時の辻番付。
当初は同年3月に「花覣寎初役」(はなとみますやよいのはつやく)という鏡山物の二番目に「与話情浮名の横ぐし」の外題で出された世話物だったが、好評だったため、大幅な増補が行われて上演された。
出演は小團次、團十郎、勘三郎、梅幸、鶴蔵など。20180909_150046.jpg20180909_150051.jpg20180909_150057.jpg20180909_150104.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 浅草歌舞伎 ブログトップ