So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
レヴュー ブログトップ
前の10件 | -

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和9年の宝塚花組のレヴュー「軍艦旗に栄光あれ」マッチラベル [レヴュー]

2018-12-08T21:38:27.jpg手元にある、昭和9年10月の宝塚大劇場での宝塚少女歌劇団花組によるレヴュー「軍艦旗に栄光あれ」のマッチラベル。
〈海軍省軍事普及部提供〉とあり、レヴューにも、そろそろ軍事色の強い演目が増え始める頃だったのだろう。
他に、白井鐵造・作のオペレット・レヴュー「野すみれ」と舞踊劇「猫」も上演。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和8年の宝塚月組の大レヴュー「花詩集」マッチラベル [レヴュー]

2018-12-08T17:36:32.jpg手元にある、昭和8年8月の宝塚大劇場での宝塚少女歌劇団月組による大レヴュー「花詩集」のマッチラベル。
「花詩集」は「パリゼット」と並ぶ白井鐵造の代表作で、宝塚レヴューの路線を決定づけた作品と言える。
平成26年には宝塚歌劇団創立100年を記念して「TAKARAZUKA 花詩集100!!」が上演された。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和8年の宝塚花組の大レヴュー「世界一周」マッチラベル [レヴュー]

2018-12-08T10:20:24.jpg手元にある、昭和8年(1933)4月の宝塚大劇場での宝塚少女歌劇団花組による歌劇二十周年記念 大レヴュー「世界一周」のマッチラベル。イラストが可愛いね。
歌とダンスと寸劇で繋ぐ世界めぐりは、もともとレヴューの基本形の一つであり、昭和2年の「モン・パリ」もその形で構成されていた。
また、昨年の浅草ロック座のショーのテーマも世界めぐりであったし、ジャニー喜多川さん構成・演出の舞台にも良く世界めぐりの場面が登場する。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和8年の宝塚月組のレヴュー「巴里ニューヨーク」のマッチラベル [レヴュー]

2018-12-07T11:22:58.jpg手元にある、昭和8年2月の宝塚大劇場での宝塚少女歌劇団月組による大レヴュー「巴里ニユーヨーク」(作・演出 白井鐵造)のマッチラベル。
好評に付続演とあるように同作品は同年1月には花組によって上演されていた。
他に、歌劇「追儺物語」、バレー「サーカス」、大舞踊「鏡獅子」も上演。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和34年の大阪松竹歌劇団の新歌舞伎座公演「夏のおどり」パンフ [レヴュー]

2018-11-28T19:08:26.jpg2018-11-28T19:08:26.jpg手元にある、昭和34年7月の大阪松竹歌劇団 新歌舞伎座進出初公演「夏のおどり」のパンフ。
表紙イラストが好きだな。
グランド・フラワー・レビュー「夏のおどり 花の凱旋門」の作者は今東光である。
トップは勝浦千浪で、僕は後年、この人を松竹新喜劇の舞台で何度も観ている。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の上方芸能史コレクション】昭和5年の大阪・市岡パラダイスのプログラム「パラダイスニュース」 [レヴュー]

2018-11-26T18:48:31.jpg2018-11-26T18:48:31.jpg2018-11-26T18:48:31.jpg手元にある、昭和5年(1930)8月の大阪・市岡パラダイスのプログラム「パラダイスニュース」。
市岡パラダイスは大正14年(1925)~昭和5年に大阪市港区夕凪に存在した大娯楽施設で、園内には大劇場、野外劇場、千人風呂、活動写真館、日本初の屋内スケートリンクであった北極館、明光館、遊園地、動物園などがあった。
このプログラムの時は、野外演技場には女性出演者が売りの赤林曲馬団が出演し、明光館では萬歳緒芸大会が開催された。
大仕掛花火大会の予告も掲載されているが、市岡パラダイスはこの年のうちに大浴場を除いて閉鎖されている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】八千草薫が出演の宝塚歌劇団雪組公演のパンフ [レヴュー]

2018-11-18T18:02:18.jpg2018-11-18T18:02:18.jpg手元にある、昭和30年7月28日からの東京宝塚劇場での宝塚歌劇雪組公演のパンフ。
表紙の劇場名の下に旧アーニー・パイル劇場とあるように、戦後はGHQに接収されていたが、この半年ほど前に東宝に返還されていた。
にしても、宝塚時代の八千草薫さん可愛いな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇の少女歌劇史コレクション】昭和初期の鶴見園女優歌劇のプログラム [レヴュー]

2018-11-17T21:22:26.jpg2018-11-17T21:22:26.jpg手元にある、昭和初期の〝九州版宝塚〟鶴見園女優歌劇のプログラム。
バラエティー「ダンセ・ツルミ」の幕間の寸劇は〝スケッチ〟と記されている。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のコント史コレクション】昭和9年の宝塚少女歌劇「ヂャブヂャブ・コント」のマッチラベル [レヴュー]

2018-11-16T17:02:22.jpg手元にある、昭和9年8月の宝塚大劇場での宝塚少女歌劇雪組のノンストップ・レヴュウ「ヂャブヂャブ・コント」のマッチラベルを見て、日本の舞台芸能で最初に「コント」という言葉を使ったのは喜劇・演芸のジャンルではなく宝塚歌劇だったという思いを強くした。
〈コント〉はもともとフランス語で短編小説を意味し、戦前の日本ではユーモアやウィットに富んだ短編小説として理解され、当時刊行された「コント集」と題した書籍は舞台演芸としてのコント台本集ではなく、いわゆるユーモア短編小説集であった。
舞台芸能としての笑わせる寸劇のことは、昭和4年のエノケンたちの「カジノ・フォーリー」以来、〈ナンセンス・スケッチ〉と銘打たれていた。
日本のストリップ誕生のキッカケとなった「額縁ショウ」が生まれた昭和22年の新宿・帝都座での「帝都座ショウ」でコメディアンの山田周平らがダンスや歌の景の間に演じた景も〈ナンセンス・スケッチ〉と題されていた。
それが本格的なストリップ全盛期に入った昭和20年代後半あたりから幕間の笑わせる寸劇が「コント」と言われるようになり、ストリップ劇場出身の由利徹・八波むと志・南利明による「脱線トリオ」が出演した昭和31年スタートの「お昼の演芸」の脱線コントをキッカケに演芸としての〈コント〉という言葉が全国的に定着していったのだ。
宝塚歌劇団は昭和2年の「モン・パリ」以来、フランスの〈レヴュー〉という芸能ジャンルを採り入れており、フランスつながりで「コント」という言葉を使ったのだろう。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【西条昇のレヴュー史コレクション】昭和2年の宝塚少女歌劇団のレヴュー「モン・パリ」の楽譜 [レヴュー]

2018-11-09T19:44:10.jpg2018-11-09T19:44:10.jpg2018-11-09T19:44:10.jpg手元にある、昭和2年(1927)9月に宝塚少女歌劇団・花組によって初演された岸田辰彌・作のレヴュー「モン・パリ ~吾が巴里よ!~」の楽譜。
日本のレヴューは、ここから始まった!
岸田劉生の弟で帝国劇場歌劇部出身の岸田辰彌が小林一三の命を受けて海外の舞台を視察した成果をレヴュー形式にまとめたもので、岸田自身がモデルの串田福太郎という役が狂言回しとして登場する。
岸田が作詞した主題歌は、曲も良いが、やはり、詞がずば抜けて良い。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - レヴュー ブログトップ