So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【西条昇の浅草演芸史コレクション】大正期の安来節美人連らの興行ビラ [浅草六区]

手元にある、大正期の安来節美人連、江差追分、歌道楽、かっぽれの女梅坊主、万歳連が出演の興行ビラ。
日付と劇場名が書き込めるようになっているが、劇場名の部分の前に浅草遊園とあることから、地方公演用ではなく浅草の劇場用のものか。20180815_195637.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇のメディア執筆情報】産経新聞の総合オピニオンサイトに [アイドル]

産経新聞の総合オピニオンサイト「iRONNA」に、私、西条昇が〈「アイドルがニュースを伝える」日本の特殊事情はこうして始まった〉と題した文章を書きました。
良かったら、お読み頂けたら嬉しいです。
https://ironna.jp/article/10399
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【西条昇の女剣劇史コレクション】昭和30年代の岩沼秀子劇団の地方公演用ポスター [剣劇]

手元にある、昭和30年代の〝女剣戟の雄鳳〟〝巨星〟岩沼秀子劇団の地方公演用ポスター。
〈絢爛たる男装 待望新演技の魅力〉〈あの興奮! あの感激を! 再び絢爛たる花の舞台〉。
第一 サービス 爆笑喜劇、第二 華麗なる時代剣戟、第三 新作舞踊の発表 東京踊り、第四 現代悲劇 全通しというプログラム。主宰は小池清二郎という人だ。20180813_190305.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草ストリップ史コレクション】昭和20年代の浅草ロック座のプログラム [ストリップ]

手元にある、昭和20年代半ばの浅草ロック座のパンフ。
演目は、荷風お気に入りの清水田鶴子をはじめとする朝日浮世絵ショウ「隠れ簑 世之助色暦」、女剣劇の筑波澄子劇団「折鶴小町捕物控 謎の金色蜘蛛」、ストリップコメディ「腰抜かれ平原兒」。
コメディアンは、佐山俊二、阿部昇二、池信一ら。
浅草フランス座が開場してからはロック座は和物中心、フランス座は洋物中心と、棲み分けが出来ていた。20180813_221<div style=719.jpg" />
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の昭和歌謡曲史研究】〈リズム&ブルースの女王〉和田アキ子が「女番長 野良猫ロック」で歌った二曲 [歌謡曲]

1970年5月公開の「女番長 野良猫ロック」(日活)の挿入歌をまとめた動画。
和田アキ子の歌う「男と女のロック」(作詞 なかにし礼、作曲 鈴木邦彦)と「ボーイズアンドガール」がどちらもレコード化されたものよりアレンジがカッコよく、ボーカルも当時〈リズム&ブルースの女王〉と言われたのが納得できる出来映えである。
https://youtu.be/G4RbDFCUDHE
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

【西条昇の昭和歌謡曲史研究】天才歌手・青山ミチの歌う「恋のブルース」 [歌謡曲]

1970年11月公開「野良猫ロック マシン・アニマル」(日活)の挿入歌をまとめた動画。
とりわけ、冒頭の天才歌手・青山ミチが歌う「恋のブルース」が圧巻のクオリティなのだ。
〝動く青山ミチ〟が見られること自体も貴重と言えるだろう。
https://youtu.be/leCKlQaBjPg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

【西条昇の江戸文化研究】時代劇ドラマでの江戸弁のイントネーションに感じた違和感 [江戸]

ある時代劇ドラマを見ていて、現代の若い俳優たちの喋る「~でやしょう」「そうさなあ」「~ってぇと」「しょうがあるめえ」といった江戸弁(?)江戸言葉(?)のイントネーションの不自然さに違和感の連続。
ある時期までの時代劇の映画やドラマでは感じなかった違和感である。
普段「ヤベエ」とか「キモッ」とかばっかり喋っている人には江戸言葉の台詞は無理だよね。落語家さんをイントネーション指導に迎える必要があるのでは…。
せめて、江戸弁や大阪弁の役はきちんと喋れる人に演じて頂きたいものだ。
アメリカドラマの吹き替えで、新劇系の声優さんが「ちげぇよ」とか「っつーの」とか変な若者風言葉を喋る時の違和感と同じ種類のものと言えるだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

【西条昇の少女歌劇史コレクション】昭和初期の先斗町少女レヴュー団が出演したイベントの招待券 [レヴュー]

手元にある、昭和10年代前半に先斗町少女レヴュー団が出演した〝たばこ祭〟の愛煙家招待券。
先斗町少女レヴュー団は、昭和初期に洋楽を使用し、少女レヴューも上演していた鴨川をどりのグループと同一だと見られている。20180813_101135.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草 剣劇史コレクション】浅草花月劇場での金井修一座のプログラム [剣劇]

手元にある、昭和27年12月の浅草・花月劇場での〈剣豪〉金井修劇団のパンフ。
中條喜代子加盟。高橋義信の金色座の同時上演。
金井修は戦前から浅草で吉本の持っていた昭和座での常打ち公演で人気を博していた。20180812_232223.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

【西条昇の浅草 剣劇史コレクション】浅草花月劇場での梅沢昇一座のプログラム [剣劇]

手元にある、昭和27年4月の浅草・花月劇場での梅沢昇一座のパンフ。
演目は「極付 森の石松」「新版 闇」「東海龍虎伝 真鶴の決闘」の三本立て。
一座の座員の藤岡肇は、てんぶくトリオの戸塚睦夫の父親である。20180812_211330.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇